メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

柚希礼音インタビュー/上

コンサート『REON JACK 3』開催

真名子陽子 ライター、エディター


拡大柚希礼音=岸隆子撮影

 “ダンサー柚希礼音”を堪能できるコンサート『REON JACK 3』が10月~11月に東京と大阪で開催される。宝塚を退団して3年。これまで1年に1回のペースで開催している『REON JACK』は、女優として確実に1歩ずつ歩みを進めている柚希が、ダンサーとしての真骨頂を見せてくれるコンサート。前回に引き続き、大貫勇輔、大村俊介(SHUN)、YOSHIE、クリスティアン・ロペス、そして素晴らしいダンサーたちを引っさげ、さらにパワーアップしたステージになりそうだ。今回の『REON JACK 3』ではどんな姿を見せてくれるのか、柚希礼音に話を聞いた。

こだわりが詰まりに詰まったものをお届けしたい

――『REON JACK 3』の開催が決まったときの感想は?

 宝塚を退団してもコンサートを続けることができるのは、やはり見に来てくださるお客さまのおかげですので、感謝の気持ちでいっぱいです。今回の『REON JACK 3』が最強になるように、1、2以上のステージを作ろうと意気込んでいます。

――構成はすでにできているんですか?

 今、打ち合わせを重ねているんですけれど、前回のステージでやりきった感がかなりありまして……。

――盛りだくさんで素敵なステージでした。

 ありがとうございます。だから、今回はどうしようかなとかなり考えまして、前回出て頂いたスペシャルなダンサーの皆さんを、ゲストではなくもっと本編にたくさん出て頂こうと思っています。そして、コンサートならではのちょっとした心の触れ合いを大切にしたいので、そういったものも入れ込みながら、さらにいいものができたらなと思っています。

――そういったアイデアは柚希さんも出していかれるんですか?

 ありがたいことに私が提案することに対して、皆さんが動いてくださることが多いです。宝塚時代を入れるとコンサートは6回目なんですけど、コンサートは本当に打ち合わせが大変なんです。これもやりたい、こういうのはどうだろう、これは無理かな、と毎回、何度も打ち合わせを繰り返します。でも大変なんだけれど、最後にはこだわって良かったって思うんですね。だから自分のこだわりが詰まりに詰まったものをお届けしたいですし、それを皆さんが手伝ってくれて、力を貸してくれてでき上がるものなので、毎回とても感動するんです。

――ひとつのステージを作るのは大変なんですね。

 そうですね。ファンの方は何が見たいかな、どんな風に見えるかな、そして自分自身は何がしたいのかと、見に来て下さる方と自分自身の事を考える時間がすごく増えます。コンサートは、ミュージカルでいろんな役に挑戦している時とは違う柚希礼音と向き合える、そして、その時々の自分自身を表現できるという有難い場だなと思っています。

◆公演情報◆
『REON JACK 3』
2018年10月19日(金)~10月21日(日) 東京・東京国際フォーラム ホールC
2018年11月8日(木)~11月11日(日) 大阪・梅田芸術劇場メインホール
公式ホームページ
『REON JACK 3』PR動画
[スタッフ]
音楽プロデューサー:本間昭光
振付:大村俊介(SHUN)ほか
[出演]
柚希礼音、大貫勇輔、大村俊介(SHUN)、YOSHIE、クリスティアン・ロペス ほか
〈柚希礼音プロフィル〉
1999年、85期生として宝塚歌劇団に入団。2009年星組トップスターに就任。主な主演舞台に、『ロミオとジュリエット』『オーシャンズ11』『眠らない男・ナポレオンー愛と栄光の涯にー』など。2015年に退団して以降も舞台を中心に活躍。主な出演作品は、地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15 『ZEROTOPIA』『マタ・ハリ』『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』『お気に召すまま』など。9月26日(水)には2ndミニアルバム「R ing」をリリース。
柚希礼音オフィシャルinstagram
柚希礼音オフィシャルHP

・・・続きを読む
(残り:約2414文字/本文:約4081文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

真名子陽子

真名子陽子(まなご・ようこ) ライター、エディター

大阪生まれ。ファッションデザインの専門学校を卒業後、デザイナーやファッションショーの制作などを経て、好奇心の赴くままに職歴を重ね、現在の仕事に落ち着く。レシピ本や観光情報誌、学校案内パンフレットなどの編集に携わる一方、再びめぐりあった舞台のおもしろさを広く伝えるべく、文化・エンタメジャンルのスターファイルで、役者インタビューなどを執筆している。

真名子陽子の新着記事

もっと見る