メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

村上春樹『騎士団長殺し』を深掘りする

写真・図版:村上春樹『騎士団長殺し』を深掘りする 『騎士団長殺し』は多くの書店で山積みにされた=三省堂書店神保町本店  村上春樹の4年ぶりの長編『騎士団長殺し』(新潮社)は全2巻、約1000ページの大作。発行部数は計130万部と、村上春樹人気は健在だ。妻に離婚を言い渡された画家の「私」が神奈川・小田原郊外の古い家で一人暮らしを始め、そこである絵が見つかったことから物語は大きく展開していく。謎をはらんだこの問題作を深掘りしてみる。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする