メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

新連載「と思います」禁止令

写真・図版:新連載「と思います」禁止令 電通コピーライター・コンセプターの梅田悟司さん  自分の着想やアイデア、意見を人に伝える。プレゼンテーションの時代を生きる現代人にこそ重要なのが、「伝える」の手前にある「考え抜く」という行為だ。考え抜けば、思考が鍛えられ、言葉に迫力が出てくる。ビジネスマンから学生まで広く活用できる、思考と言葉の関係を、電通コピーライター・コンセプターの梅田悟司氏が考える。

Facebookでコメントする