メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

前川喜平氏「出会い系バー調査」の善意とは

写真・図版:前川喜平氏「出会い系バー調査」の善意とは 「出会い系バー」通いもあって、「時の人」となった前川喜平前文科事務次官  加計学園問題に関連して、前川喜平前文科事務次官の「出会い系バー」通いが騒動になった。前川氏は「貧困調査」が目的だったと語り、その発言を裏付けるかのような女性の証言も報じられた。だが、前川氏の「善意」を嘲笑する声はやまない。一方で、「善意」を評価しつつも調査手法を疑問視する指摘が専門家からは出ている。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする