メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ケント・ギルバート「嫌中嫌韓」本への疑問

写真・図版:ケント・ギルバート「嫌中嫌韓」本への疑問 ケント・ギルバート著『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社)  ケント・ギルバート氏の著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社+α新書)がベストセラーになった。部数は40万部を超え、今年の新書売り上げ1位は決まったとの声すらある。内容は、よくある「嫌中嫌韓本」だが、テレビ出演などで影響力のある著者、しかも出版社最大手の講談社刊とあれば、見過ごしてはいられない。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする