メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

山田洋次『東京家族』で賛否両論!

写真・図版:山田洋次『東京家族』で賛否両論! 『東京家族』の出演者。前列左から次男(妻夫木聡)、母(吉行和子)、父(橋爪功)、次男の恋人(蒼井優)、後列左から長女の夫(林家正蔵)、長女(中嶋朋子)、長男の妻(夏川結衣)、長男(西村雅彦)

 「男はつらいよ」シリーズの山田洋次監督(81)の新作『東京家族』が公開中だ。瀬戸内の島に住む老夫婦が東京の子供たちを訪ねるという物語からわかるように、名匠・小津安二郎の代表作『東京物語』(1953年)のリメイクだ。時代は3・11後の現代日本、浮かび上がるテーマは、『東京物語』と同じく「家族の崩壊」だが、ここに「希望と再生」が加わったと言えるだろう。この作品、メディアや観客の評価はおおむね高いようだが、WEBRONZAでは二人の批評家が真っ向から対立してしまった。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする