メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「南京事件」映画、上映の顚末

写真・図版:「南京事件」映画、上映の顚末 映画『ジョン・ラーベ~南京のシンドラー~』  2009年に製作された映画『ジョン・ラーベ~南京のシンドラー~』(フロリアン・ガレンベルガー監督、独・仏・中国合作)の上映会が日本で開かれるようになった。1937年の「南京事件」当時、中国の民間人を救うために行動したドイツ人、ジョン・ラーベを描いた作品だ。これまで国内では、政治的に微妙なテーマということもあってか、香川照之、井浦新、柄本明など著名な俳優が出演していながら5年間お蔵入りになっていた。内容に異論も出るなか、上映に向けて動き出したのは市民有志だった――。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする