社会・メディア多くの検察調書が却下された陸山会事件の判決を占う

写真:多くの検察調書が却下された陸山会事件の判決を占う
2011年7月13日

 小沢一郎・民主党元代表の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件で、東京地検特捜部が作成した衆院議員・石川知裕被告ら3人の供述調書38通のうち11通を、東京地裁は6月30日、「任意性がない」として証拠として採用しない決定を下した。同地検特捜部の取り調べは「脅迫と利益誘導を織り交ぜていた」と批判された。石川被告らだけでなく、強制起訴された小沢被告の公判は今後どのように進められ、どんな判決が下されるのか。7月8日に独自捜査を縮小する方針が発表され、最近は鳴りをひそめる特捜部はもはや立ち直れないのか。 ※写真は、強制起訴が決まり、記者会見する小沢一郎・元民主党代表=今年1月31日、東京・永田町

このエントリーをはてなブックマークに追加

このテーマに対する記事

  • 魚住昭
    魚住昭
    起訴拠り所の調書否定で小沢氏の無罪確実(2011/07/13)
    社会・メディア
     7月8日、笠間治雄・検事総長が検察改革について記者会見すると聞いたので霞が関の検察庁に行った。会見のポイントは「従来の独自捜査中心主義を改めて財政経済事件の捜査に軸足を移すため特捜部の班編制を変える"・・・・・続きを読む