メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

口蹄疫パニックを苦い教訓に

大矢雅弘

大矢雅弘

 宮崎県で広がる家畜の伝染病、口蹄疫(こうていえき)の影響が高校生の祭典にまで及んでいる。地域社会への打撃は、まさに口蹄疫パニックである。

 「文化の甲子園」ともいわれ、8月1日から同県内で開かれる第34回全国高校総合文化祭。北海道高校文化連盟十勝支部が、出場を予定していた7校91人の参加を見送ると発表した。口蹄疫が終息しておらず、酪農を基幹産業とする十勝地方への影響を考慮したという。 ・・・続きを読む
(残り:約1599文字/本文:約1792文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

大矢雅弘

大矢雅弘(おおや・まさひろ) 朝日新聞天草支局長

朝日新聞天草支局長。1953年生まれ。長崎、那覇両支局、社会部員、那覇支局長、編集委員。その後、論説委員として沖縄問題や水俣病問題、川辺川ダム、原爆などを担当。2016年5月から現職。著書に『地球環境最前線』(共著)、『復帰世20年』(共著、のちに朝日文庫の『沖縄報告』に収録)など。

 

大矢雅弘の新着記事

もっと見る