メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

モザイク映像だらけの海老蔵殴打事件報道

川本裕司

川本裕司

 「海老蔵さんは(暴走族のリーダー格の)男性に髪の毛をつかんで持ち上げていた。泥酔した人を無理やり連れ回している感じだった」「海老蔵の方が加害者のように見えた」

 歌舞伎俳優・市川海老蔵さんが11月25日未明、東京・西麻布の飲食店ビルで殴られ顔に重傷を負った事件は、発生から約1週間後から「飲食店の関係者」や一緒に飲んでいた元暴走族リーダーの「関係者」の証言が、テレビや週刊誌、スポーツ紙などに次々と取り上げられるようになった。単なる傷害事件が事件から1カ月となる今も大きく報じられるのは、視聴者や読者からの反響が大きいからだが、過剰報道への批判が高まっている。

 ある民放の報道局員は言う。「海老蔵さんの事件を放送すると、たしかに視聴率が高くなる」

 12月7日午後8時から開かれた退院直後の海老蔵さんの記者会見を伝えた、午後9時からのNHK「ニュースウオッチ9」は視聴率が14.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。前4週の平均10.8%に比べ大きく跳ね上がった。

 この事件のテレビ報道について、服部孝章・立教大教授(メディア論)は「会見当日は学力テストの国際比較など取り上げるべきトップニュースがあったのに、会見を延々と伝えていた。事件報道ではなくてスキャンダリズムに染まっている」と批判する。

 ある放送関係者は「海老蔵さん事件については『ワイドショーなどで長々とやりすぎだ』という苦情が数多く寄せられている」と言う。 ・・・続きを読む
(残り:約710文字/本文:約1319文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Global PressやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

川本裕司

川本裕司(かわもと・ひろし) 朝日新聞編集委員(メディア担当)

朝日新聞編集委員。1959年生まれ。81年入社。学芸部、社会部などを経て、2006年から放送、通信、新聞などメディアを担当する編集委員。10年から論説委員兼務。著書に『ニューメディア「誤算」の構造』。共著に『テレビ・ジャーナリズムの現在』『被告席のメディア』『新聞をひらく』。

 

川本裕司の新着記事

もっと見る