メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「芸術は爆発だ!」という言葉が日本人に与える誤解

菘あつこ

  “芸術”という言葉を口に出すと、「芸術は爆発だ!」という岡本太郎の名言を思い出す人が日本人には多いような気がする。私は最近、この有名すぎる言葉が日本人に誤解をもって受け取られているのではないだろうか、と思うことが多い。岡本太郎が悪いわけではないのだが、「芸術は爆発だ!」と言われることで、「何をしてもいいんだ」思わせてしまって、そうすると芸術が余計に「何だかよく分からないもの」になっているような気がするのだ。

 芸術は確かに爆発だ、それは間違いではない、私もそう思う。ただ、私が思うのは、それは最終段階のこと。地道な積み重ねがコツコツコツコツ……気の遠くなるほどあって、その上でさまざまなラッキーな条件が重なった時、最後の最後の瞬間に幸福な爆発をする──それが素晴らしい芸術。私はバレエやダンスを中心とした舞台芸術が専門なのだが、生の舞台を観ていてそういう瞬間に出会うことができれば、それは至福の時だ。

 一方、例えば、幼児が絵の具をぶっちゃけた、そこに面白い模様ができてこれはすごい・・・等々というのは、芸術の芽がそこにあるとか、その自由な感性を大切に育てようという思いのきっかけににはなるかもしれないけれど、それそのものは優れた芸術とは言えないと思う。だが、日本では、そのあたりが混同されているような気がするのだ。 ・・・続きを読む
(残り:約1395文字/本文:約1988文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

菘あつこ

菘あつこ(すずな・あつこ) フリージャーナリスト

フリージャーナリスト。立命館大学産業社会学部卒業。朝日新聞(大阪本社版)、神戸新聞、バレエ専門誌「SWAN MAGAZINE」などに舞踊評やバレエ・ダンス関連記事を中心に執筆、雑誌に社会・文化に関する記事を掲載。文化庁の各事業(芸術祭・アートマネジメント重点支援事業・国際芸術交流支援事業など)、兵庫県芸術奨励賞、芦屋市文化振興審議会等行政の各委員や講師も歴任。著書に『ココロとカラダに効くバレエ』。

 

菘あつこの新着記事

もっと見る