メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

国内で最初の「準暴力団」裁判「六本木フラワー事件判決」の行方

久田将義 編集者

 東京都港区六本木のロアビル2階のクラブ「フラワー」で起きた殺人事件(正確には傷害致死)で起訴された9人のうち、まず2人に判決が出た。実刑13年(求刑15年)である。

 元関東連合幹部に話を聞いてみると、「傷害致死で13年は重いですね……」という答えが返ってきた。「ただ、あいつら(今回判決が出た2人)は見立真一容疑者の下の人間なので厳密には関東連合と言えるかどうか」という事も言っていた。
 その辺りの解釈が難しく、それは拙著『関東連合』(ちくま新書)でも何度か説明を試みたのだが、人によっては「あいつは関東連合ではない」またある人は「彼が関東連合を作った」「いや。作ったのは別の人間だ」等と主張するのだが、それは拙著で説明した通り、暴力団の世界と違い、文献に残されている訳でも警察白書に載っている資料もないので人によって解釈が変わってきてしまう。「不良(ヤクザ)」と「不良少年(暴走族・ギャング等)」の違いは「そこ」だとも思う。
 さて、一時期世間を騒がした関東連合・怒羅権もこの判決を見守っているかのように一見、静かである。とは言え、彼らは国から(正確には警察庁から)「準暴力団」と規定された事により、当局による締め付けはかなり厳しくなると思う。
 組織犯罪策対策課の刑事に話を聞くと、「暴力団の ・・・続きを読む
(残り:約723文字/本文:約1285文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

久田将義

久田将義(ひさだ・まさよし) 編集者

TABLO編集長。1967年、東京都生まれ。法政大社会学部卒業後、産経メディックスに入社。三才ブックス、ワニマガジン社の後、ミリオン出版に移籍し2001年から「実話ナックルズ」編集長。06年に選択出版に移り、週刊朝日を経てミリオン出版に復帰。12年9月まで編集局次長。犯罪や芸能界に詳しい。著書に『トラブルなう』『原発アウトロー青春白書』『僕たちの時代』(青木理氏との共著)。

久田将義の新着記事

もっと見る