メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

完璧でなくても将来を約束させた田中将大

出村義和 ジャーナリスト

 「24連勝の最初の一歩だな」と、ヤンキース担当記者の中でも重鎮の米ザ・レコード紙ピート・カルデラ記者はニヤリとしながら筆者の肩を叩いた。田中将大投手(ヤンキース)がデビュー戦を見事に勝利で飾った直後のことだ。「24連勝」とは、もちろん昨年、田中が楽天で達成した大記録のことだ。カルデラ記者はいった。「とても印象的な初登板だったよ。24連勝はともかく、今日の投球を見る限り、相当勝つだろう」

 敵地カナダ・トロントにあるブルージェイズの本拠地は地元開幕戦ということもあって満員札止め、4万8000余の大観衆で膨れ上がった。

 初回、田中のマウンドへ歩む姿には緊張感は感じられなかった。しかし、先頭打者メルキー・カブレラに投じた3球目をいきなり右中間に叩き込まれる。決め球スプリッターが落ち切らず、甘く入ったところを狙われた。
打った瞬間それとわかる一発だった。2回裏には味方の失策も絡んで2失点。

 ハンデを負った投球になったが、ここから彼がよく口にする「粘り」を発揮する。3点目を失った直後の味方の攻撃中に捕手ブライアン・マッキャンと話し合い、自らのアイディアで投球パターンをファストボール系中心に変えた。

 この修正をきっかけに投球リズムを取り戻し、味方打線の援護もあって、7回を6安打3失点に抑え、8三振を奪って勝利投手になったのである。

 結果的には昨年から続く田中の勝負強さ、勝負運といったものが改めてクローズアップされることになったが、アメリカ・メディアが注目し、評価をしたのはアジャストメント(適応、修正の意)能力の高さだ。メジャーリーグの試合はよく『ゲーム・オブ・アジャストメント』と ・・・続きを読む
(残り:約698文字/本文:約1397文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

出村義和

出村義和(でむら・よしかず) ジャーナリスト

ジャーナリスト。1950年、東京生まれ。法政大学社会学部、ユタ州立大学ジャーナリズム科卒。ベースボールマガジン社でアメリカ総局特派員、週刊ベースボール編集長などを務め、86年からフリー。ニューヨークを拠点に、スポーツから政治、ビジネスまで幅広い範囲をカバー。2005年に帰国後、新聞、雑誌などに執筆する一方で、スカパー!「MLBライブ」の解説を務め、09年からはJスポーツでMLBの解説者となる。著書に『英語で聞いてみるかベースボール』『メジャーリーガーズ』など。

出村義和の新着記事

もっと見る