メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ノーベル文学賞発表日の書店のそわそわ

白井恵美子 紀伊國屋書店員

 9月に入るとソワソワし始める事がある。それは毎年10月2週目木曜日にノーベル文学賞が発表されるからだ。発表間近になると、獲った時の事を考え、彼の著作全てを発注したりテレビ取材依頼が入ったりと、嫌でも意識せずにはいられなくなってくる。

 今年も日本を代表する作家、誰もが知る村上春樹が候補に入り、有力と言われていた。

 もしも村上春樹がノーベル賞を獲ったらどうなるだろう。それは書店のみならず、日本中がお祭り騒ぎになるに違いない。今までに、日本人作家が獲ったのは、1968年川端康成、1994年大江健三郎なのだが、私は受賞当時の書店の裏側を知らない。1994年当時、文学を担当していたという上司に聞いてみると、一日で大江健三郎の著作は全て売り切れたという。出版不況と言われる現在、発注に忙しく補充しても補充しても品切れるその時をぜひとも体験してみたかった。

 今回受賞したのはフランス人作家のパトリック・モディアノ。外国文学ということもあり、普段敬遠されがちなのだが、この時ばかりはやはり問い合わせも多く、一時品切れを起こすほどだった。

 よくある問い合わせで、ノーベル賞を ・・・続きを読む
(残り:約435文字/本文:約922文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

白井恵美子

白井恵美子(しらい・えみこ) 紀伊國屋書店員

紀伊國屋書店員。神奈川県生まれ。1997年、紀伊國屋書店入社。入社以来、文芸書を担当する。新宿南店を経て、現在新宿本店勤務。業界紙『新文化』“レジから檄”コーナーの連載、宝島社ラブストーリー大賞審査員、単発で大学、出版社で講師を務めた。休みの日は専ら何かしらの運動をしている。最近は、トレイルランにハマり中。【2015年10月WEBRONZA退任】

白井恵美子の新着記事

もっと見る