メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

一条の光となった16歳、サニブラウンの快走

日本代表の不振が続く世界陸上、古くさい表現が批判受けたスポーツ紙「オコエ報道」

増島みどり スポーツライター

 北京世界陸上(22~30日、通称鳥の巣)の初日から、勢いよく「リオデジャネイロ五輪内定」の見出しが躍るはずだった。

 日本陸連は今大会前、男女マラソンと競歩については「入賞(8位以内)で日本人最上位の選手に、リオの内定を出す」と決定。世界水泳の金メダルとは少し異なる「等身大」の目標なら、とトップバッターだった男子マラソンでは、藤原正和(ホンダ)、前田和浩(九電工)の34歳ベテランコンビに大きな期待が集まった。しかし、男子マラソンの「意地」として8大会続けてきた入賞さえ途絶える惨敗に終わる。

 翌日、失望の分だけ「今度こそ間違いなく内定だろう」と期待が膨らんだ男子20キロ競歩、世界記録保持者・鈴木雄介(富士通)はまさかの途中棄権。なかばぼう然とするメディアの前で「ふがいない」と涙をこぼした。

 想定外の五輪内定者ゼロで迎えた大会4日目(25日)、重苦しく、よどんだ空気を一気に吹き飛ばしたのは若きスプリンター、最年少出場の16歳のサニブラウン・アブデル

世界陸上男子200メートルで準決勝進出を決めたサニブラウン=2015年8月25日、北京の国家体育場拡大世界陸上男子200メートルで準決勝進出を決めたサニブラウン=2015年8月25日、北京の国家体育場
ハキ―ム(城西高校)の堂々たる走りである。

 7月の世界ユース選手権で100、200メートルの2冠を手にした逸材は、優勝候補のガトリン(米国)に次ぐ2位で準決勝進出を果たした。国体選手でトップランナーだった母と、ガーナ人の父を持ち、小学3年から本格的に陸上を始めたという。

サニブラウン、オコエ、宮部藍梨ら、新世代の若きアスリートが教えてくれるもの

 甲子園を沸かせたオコエ瑠偉外野手(関東一高)から次いで、またも父がアフリカ系のティーンエイジャーの躍進は、日本のスポーツ界に様々な影響をもたらすだろう。

 報知新聞がオコエについて「甲子園がサバンナと化した」「獲物のように追いかけた」といった表現を使い、これに対し「偏見と人種差別」と批判が集中した結果、記事を削除する問題も起きている。

 差別や偏見以前に、記者だけではなく、原稿の表現を適切に手直しすべきデスク、表記を確認する校閲、部長や編集局まで、「甲子園がサバンナと化した」との、何だか分かったような、実はよく分からない表現を通してしまったミスは大きい。アフリカといえばサバンナだ、足が速いと誰もがヒョウにされてしまう、勝負勘が鋭いといつでも「野生」とか「狩り」に例える。 筆者もスポーツ紙出身だから、仕事をしていた頃から変わらない、古臭い表現だ。

 こうしたマンネリが、 ・・・続きを読む
(残り:約1418文字/本文:約2414文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

スポーツライター。1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

増島みどりの新着記事

もっと見る