メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

貧困と隣り合わせで生きる(上)

奨学金がなければ大学に進めなかった私、改善すべきは授業料の高さと低い就職率

町亞聖

貧困化する豊かな国ニッポン・・・

 果たして本当に日本は豊かなのか・・・。の貧困率が16.3%に上り6人に1人が貧困と言われている。また生活保護を受けている高齢者は約80万世帯と全体の半分を占めており、70歳以上の女性の貧困率は20%を超え、高齢者だけでなく母子世帯や20代前半の男性の貧困率も高い・・・。こうして数字だけを列記しても日本全体が“貧困化”しているとしか言いようがない。

貧困の連鎖を断ち切りたい

 しかし昔から貧しい家庭は地域に存在し、格差は確実に社会に根を張っていた。我が家もそうだったから良く分かる。もし今父が生きていればちょうど団塊の世代。早くに父親を亡くした父は祖母により女手一つで育てられた。高校卒業と同時に九州の田舎から上京、母と出会い3人の子供を授かった。4畳半と6畳だけの狭い平屋建ての家で家族5人暮らしていた。「自分の家は決して裕福ではない」と子供心に理解はしていたが、両親もまだ若く共働きだったのでなんとかやりくり出来ていた。

「子どもの貧困」をテーマにした集会のあと、鴨川の河川敷で通行人にアピールする大学生ら=2014年10月、京都市中京区拡大「子どもの貧困」をテーマにした集会のあと、鴨川の河川敷で通行人にアピールする大学生ら=2014年10月、京都市中京区
 しかし、私が高校3年の時に母が病で倒れて生活が一変することになる。箪笥の中にしまってあった預金通帳の残高はゼロ。妹の学資保険はとっくの昔に解約されていた。母の代わりに ・・・続きを読む
(残り:約791文字/本文:約1319文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

町亞聖

町亞聖(まち・あせい) フリーアナウンサー

フリーアナウンサー。1995年、日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、報道局に移り、報道キャスター、厚生労働省担当記者としてがん医療、医療事故、難病などの医療問題や介護問題などを取材。2011年、フリーに転身。脳障害のため車椅子の生活を送っていた母と過ごした10年の日々、母と父をがんで亡くした経験をまとめた著書『十年介護』を出版している。現在、TOKYO MX「週末めとろポリシャン!」(金曜午前11時~12時)、文化放送「大竹まことのゴールデンラジオ!」(水曜午後1時~3時30分)などに出演。

町亞聖の新着記事

もっと見る