メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

なぜジャニヲタに美人が多いのか

「若い女子ほどお金を惜しまない」という消費行動の理由

杉浦由美子 ノンフィクションライター

コンサートがあればどこにでも遠征する

 ジャニーズの熱心なファンを「ジャニヲタ」と呼ぶ。彼女 たちは数の多さや消費意欲の高さが半端がなく、それゆえにしばしニュースで取り上げられる。最近では、今年の秋の連休に宮城で「嵐」のコンサートが行われることで、宿泊や交通の予約がパニックになった。同日に予定されていた心理学の学会は、「『嵐』のファンが地元のホテルをすべておさえてしまい、宿泊場所が確保できない」という理由で日程を変更した。

 ジャニヲタは先回りをして行動をする。コンサートの場所と日時が発表になると同時に、宿泊先と交通の便の予約を入れる。チケットの発売を待ってから手配しても間に合わないからだ。

開演前、グッズを買い込み満足そうな女性たち=2002年9月、宮城県利府町拡大開演前、グッズを買い込み満足そうな女性たち=2002年9月、宮城県利府町
 また、お金のかけ方も豪勢だ。コンサートがあれば宮城だろうが、北海道だろうが、はたまた、海外までも出かけていく。交通費だけを考えても相当な費用になるだろう。そして、ネットオークションや金券屋などでのチケット価格の高騰ぶりもすさまじい。このチケット相場は、出演タレントの知名度とプレミアの付き方が比例しない。最も値段がつりあがるのは、ジャニーズJr.つまりCDデビュー前のタレントたちが何百席規模の劇場(ジャニーズ的にはかなりの小規模だ)で行う公演の相場だといわれる。理由としては、デビュー予備軍のジャニーズJr.は若手が多いので、ファンも若い女子がメインとなるからだ。

 ジャニヲタたちにいわせると、「若いヲタほどお金を惜しまない」傾向があるので、ジャニーズJr.がメインとなる公演はチケットが高騰するのだという。

「前に出たい」という願望

 この話を聞いて、意外だと感じた。若い世代は経済力がないし、仮にお金があったとしても、倹約志向でそうそう簡単にお金を使わない印象があったからだ。以前、20代日本人女性はソマリアの国民よりも摂取カロリーが低いという内容の記事を書いたが、彼女たちが食べない原因として、節約のために食費を削っていることをあげた。

 ところが、ジャニヲタの世界では、若い女子が、大盤振る舞いでお金を使っていく。なぜそのような消費傾向になっていくのだろうか。この疑問をジャニヲタに詳しいライターにぶつけてみると、こう返ってきた。

 「女にとって20歳前後というのは花の時期です。人生を通して最も奇麗な頃で ・・・続きを読む
(残り:約988文字/本文:約1949文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

杉浦由美子

杉浦由美子(すぎうら・ゆみこ) ノンフィクションライター

1970年生まれ。日本大学農獣医学部(現・生物資源科学部)卒業後、会社員や派遣社員などを経て、メタローグ社主催の「書評道場」に投稿していた文章が編集者の目にとまり、2005年から執筆活動を開始。『AERA』『婦人公論』『VOICE』『文藝春秋』などの総合誌でルポタージュ記事を書き、『腐女子化する世界』『女子校力』『ママの世界はいつも戦争』など単著は現在12冊。

杉浦由美子の新着記事

もっと見る