メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

昔叶わなかった憧れを満たす大人のバレエクラス

運動不足解消のみならず発表会で舞台に立つ本格指向とさまざまなメリット

菘あつこ

 

大人になってからバレエを始めた女性たち=2015年9月15日、大阪市北区、撮影協力・松田敏子リラクゼーションバレエ拡大大人になってからバレエを始めた女性たち=2015年9月15日、大阪市北区、撮影協力・松田敏子リラクゼーションバレエ
40歳代、50歳代はもちろん、60歳代以上の方々も薄布で出来たバレエ用巻きスカートをつけて、ニコニコと楽しそうにスタジオに集まる──。そんな微笑ましい光景を見る機会が、最近どんどん増えて来たように思える。もちろん、大人になってからバレエを始めてプロのバレリーナになるのはおそらく無理だろうけれど、バレエレッスンを受けることで運動不足解消をはじめとしたいろいろなメリットがあることは確かだ。

 大人のためのバレエクラスというのは、何も最近始まったわけではなく、40年~50年くらい前でも、“美容クラス”などといった名称で平日の昼間などに行っているバレエ教室は結構あったようだ。ただ、その頃は、子どもを通わせているお母さんなどの主婦の方々が健康や美容のために週に1回程度身体を動かすといった感じが主流。発表会の舞台に立つなんてとんでもない、健康体操に近い感じだったように思う。

 それが、20年強くらい前から様々な方向に変化してきた。まず、会社員の方々などが夕方の仕事帰りに気軽に参加できる大人クラスが増えた。東京や大阪といった都会では、仕事の都合に合わせて好きな日、時間に受講できるチケット制や1回ずつレッスン料を払う“オープンクラス”と呼ばれる方式をとるスタジオが複数出来、バレエ用品メーカーのチャコットも大人初心者を主なターゲットにした「チャコット・カルチャー・スタジオ」を東京・渋谷や大阪・心斎橋に開設、そのスタジオも、今、横浜や神戸など多くの場所に広がっている。

 他に新聞社や放送局等系列のカルチャーセンターでも大人のためのバレエクラスが増えたとともに、スポーツクラブ、フィットネスクラブといった場所でも、エアロビクスやヨガと並んでスタジオプログラムにバレエを取り入れるところが増えて行った。そして、そういう広がりとともに、大人から始めても、週に3回、4回、毎日などレッスンに通い、上達して発表会などの舞台に立つという方々も増えてきた。

 そうして今、大人から始めて、10年~20年、続けているという方々も増えている。そんな方々の中には、つま先立ちできるトゥ・シューズを履き、クラシック・バレエで主役が踊るソロのヴァリエーションを発表会で踊る方や、もっと言えば、男性と組んでパ・ド・ドゥに挑戦するような方々も出てきた。ちなみに、伸び盛りの子どもであっても、トゥ・シューズを履くには3年以上程度の訓練を要する場合が普通だし、ソロをトゥ・シューズで踊るのは、3歳から始めたとしても、早くて10歳ごろ(教室の先生の考え方によるけれど)。男性と組んでのパ・ド・ドゥは、子役でない限り、中高生以上である場合が普通かと思う。

 「昔、やりたかったけれど、叶わなかった」。そんな大人の方が、今、 ・・・続きを読む
(残り:約1387文字/本文:約2556文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

菘あつこ

菘あつこ(すずな・あつこ) フリージャーナリスト

フリージャーナリスト。立命館大学産業社会学部卒業。朝日新聞(大阪本社版)、神戸新聞、バレエ専門誌「SWAN MAGAZINE」などに舞踊評やバレエ・ダンス関連記事を中心に執筆、雑誌に社会・文化に関する記事を掲載。文化庁の各事業(芸術祭・アートマネジメント重点支援事業・国際芸術交流支援事業など)、兵庫県芸術奨励賞、芦屋市文化振興審議会等行政の各委員や講師も歴任。著書に『ココロとカラダに効くバレエ』。

 

菘あつこの新着記事

もっと見る