メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

プロ野球界は野球賭博問題にどう手を打つか

国際サッカー界が取り組む八百長撲滅、日本協会が開いた定例セミナーに漂う危機感

増島みどり スポーツライター

日本ハムとの日本シリーズ第4戦でリリーフとして登板した巨人・福田投手=2012年10月31日拡大日本ハムとの日本シリーズ第4戦でリリーフとして登板した巨人・福田投手=2012年10月31日
 ホテルの部屋にあらかじめ用意されていた椅子は足りず、立ち見さえ出る会議の熱気はスポーツ界全体の問題意識を示すかのようだった。

  7日、日本サッカー協会(JFAハウス)がある東京都文京区のホテルで、FIFA(国際サッカー連盟)とEWS(Early Warning System=早期警告システム)を開発、管理するEWS社、日本サッカー協会、Jリーグが主催し、「インテグリティ(透明性、高潔性といった意味の英語)委員会」が行われた。

  2007年、FIFAは「サッカーの透明性、スポーツの高潔性を守る」と、賭博、八百長問題に対して、これを一括して監視するEWSを確立。過去に遡って何万もの試合でデータ管理し、異常な賭け率の変動などを24時間、365日監視するシステムで、インターポール(国際刑事警察機構)とも提携し、欧州では380試合、全世界で実に680を越える試合の監視、捜査を続けてきた。日本サッカー協会も2011年に契約、Jリーグも毎試合が監視体制下にある。

  毎年、巧妙な手口に関する世界的な傾向と対策、総括を確認、共有し合う定例の、いわば勉強会的な意味合いでセミナーが行われている。しかし今回は、わずか2日前、プロ野球巨人の福田聡志投手が野球賭博に関わったとして、巨人が同選手に対する謹慎処分と、告発する可能性を(その後、有害行為に違反するとして告発)発表したばかりのタイミングに偶然、重なった。

  JリーグはJ1からJ3、また今後Jリーグ入りを目指す各クラブ、審判、警察庁、警視庁関係者、サッカーくじ「TOTO」を実施するJSC(日本スポーツ振興センター)、さらにJOC(日本オリンピック委員会)、2020東京オリンピック・パラリンピック組織委員会、1日に新設されたばかりのスポーツ庁からも多数が出席し、計140人を越えた。

  これだけ多くの関心を集めた背景には、現在はクライマックスシリーズで先送りされてしまった感のある重大な問題が今後及ぼす波紋、それに対するスポーツ界全体の危機感が横たわる。出席したJリーグ・村井満チェアマンは、Jリーグが世界で450もの賭け屋の対象とされている現状を明かし「リスクは野球の比ではなく、サッカー界がこの問題に対し断固とした姿勢で取り組まなければ、日本のスポーツ界の根幹を揺るがしてしまう」と、現状への厳しい認識を示した。

  9月には、東京五輪の組織委員会がIOC(国際オリンピック委員会)に対して、 ・・・続きを読む
(残り:約2220文字/本文:約3279文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

スポーツライター。1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

増島みどりの新着記事

もっと見る