メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

人間の深い部分を表現する振付家ノイマイヤー

京都賞を受賞、様々な国籍や人種、体格、個性のバレエダンサーをいかす

菘あつこ フリージャーナリスト

ハンブルク・バレエ団総裁・芸術監督のジョン・ノイマイヤーさん=稲盛財団提供拡大ハンブルク・バレエ団総裁・芸術監督のジョン・ノイマイヤーさん=稲盛財団提供
 振付家でハンブルク・バレエの芸術監督であるジョン・ノイマイヤーが京都賞を受賞した。稲盛財団が主催するこの賞は、科学、文明の発展、また精神的深化、高揚に大いなる貢献をした人々を讃えて贈られるもので、毎年、先端技術部門、基礎科学部門、思想・芸術部門の3部門1人ずつ選ばれる。ノイマイヤーは思想・芸術部門での受賞。ちなみに振付家では、これまでに、モーリス・ベジャールやピナ・バウシュが受賞している。

 バレエを中心に書くジャーナリストの一人として、とても嬉しい報に喜びながら、私は今まで、いったい何作品くらいジョン・ノイマイヤー振付作品を観たのだろう──と頭を巡らせてみる。現代に生きる振付家の作品を生の舞台で観た回数を比較すると、私に取ってノイマイヤー作品はだんとつに多い気がする。

  その第一の理由は私を感動させてくれる作品が多いので足を運ぶからだが、もう一つの理由は、ジョン・ノイマイヤー率いるハンブルク・バレエでは、毎年、シーズン終わりの6月から7月初めを「ハンブルク・バレエ週間(ハンブルク・バレエ・ターゲ)」として、その期間ほぼ毎日違った演目を上演するからだ。

  通常、バレエは数日から1週間以上、同じ演目をキャストを変えて上演することが多い。だから、現地に出向いても1週間程度の滞在だと1演目か2演目した観られない、毎晩劇場に足を運んでもキャスト違いで同じ演目を観る・・・といったことになる。だが、ハンブルク・バレエ週間の期間中にハンブルクに行くと、上手くスケジュールを組めば、1週間の滞在で7演目を観ることが可能になる場合もあるのだ。

  上演する側にすれば、毎日、舞台の装置から何から変えなければいけないし、ダンサーは複数の演目のリハーサルをめまぐるしくこなして連日違った役で舞台に立つというハードな日々。だが、そのおかげで、私は3度ほどのハンブルク・バレエ週間滞在で数十の演目を観ることができた。他にハンブルク・バレエの日本公演や、東京バレエ団はじめハンブルク以外のバレエ団がノイマイヤー作品を上演する舞台も観ているから、結構な数、観ていることになる。

  どうして、こんなにノイマイヤー作品が魅力的に感じられるのだろう?

  私なりに整理してみると、第一に「美しいクラシック・バレエの技法に基づきながら、 ・・・続きを読む
(残り:約1178文字/本文:約2166文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

菘あつこ

菘あつこ(すずな・あつこ) フリージャーナリスト

フリージャーナリスト。立命館大学産業社会学部卒業。朝日新聞(大阪本社版)、神戸新聞、バレエ専門誌「SWAN MAGAZINE」などに舞踊評やバレエ・ダンス関連記事を中心に執筆、雑誌に社会・文化に関する記事を掲載。文化庁の各事業(芸術祭・アートマネジメント重点支援事業・国際芸術交流支援事業など)、兵庫県芸術奨励賞、芦屋市文化振興審議会等行政の各委員や講師も歴任。著書に『ココロとカラダに効くバレエ』。

 

菘あつこの新着記事

もっと見る