メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

日本スポーツ界の危機に北島康介が示した高潔さ

世界ランキング2位の男子バドミントンの桃田賢斗は違法賭博でリオ五輪出場断たれる

増島みどり スポーツライター

 会見の冒頭、2人が辛抱できずに頭を上げたとき、両隣の総務部長とバドミントン部部長は、まだ腰を直角に曲げたまま頭を下げていた。先に頭を上げてしまい、しかしもう一度頭を下げるわけにもいかず、壇上で戸惑っている2人の姿は、誰に、何を、何故ここで謝罪しなくてはならないのか、たとえ茶髪を黒髪に戻したところで本当はまだ理解していないのだと表しているように見えた。

  8日、違法賭博に関わった男子バドミントンの若きエース、桃田賢斗(21)と、全日本6連覇を果たすなどバドミントン界を長くけん引してきた田児賢一(26)が、所属するNTT東日本で総務部長、チーム部長同席のもと1時間以上の会見に臨んだ。

  カメラのフラッシュが容赦なく浴びせられるなかで明らかにされたのは、常習者としてバカラ賭博に浸かり、仲間を(桃田を含め7人を)誘うなど一線を超えた田児と、憧れの先輩、田児に誘われ自身も6回で50万円相当負けたという桃田の、驚くほど軽率で幼稚な言動だった。

  会見の冒頭、事態を飲み込めていないように見えた違和感は、彼らの答えでも明らかだった。

  「スポーツマンで、勝負の世界で生きている以上、ギャンブルに好奇心、興味があった。いけないと分かっていてもスリルを楽しんでいる自分がいた」

  何故、違法賭博に手を染めたか、と聞かれた桃田はこう答えた。

  住吉会系の賭博場ともされ、賭博場内部の様子も質問された。田児は言った。

  「(賭博場にいた人々は)みな穏やかな人たちという印象で、それで行き易かった」

  スポーツマンだからギャンブルが好きで、賭博場にいた人々がみな、穏やかだから通ったとの2人の返答に、足を踏み入れた場所が本当は「どこ」だったのか、反社会的勢力の資金源調達に加担した罪の意識が全く欠如している点に大きなショックを受ける。

  バドミントン協会は緊急理事会で田児には無期限の登録抹消、桃田は無期限の競技会出場停止と、日本代表の協会指定を外す処分を科した。桃田を「まだ若い」とかばう声はある。しかし、もっとも大切にしてきたはずのラケットを、自ら折るような行為をしたのだ。除名処分にされなかった温情に応えるため、若かろうがベテランだろうが、それこそ「スポーツマンなら」死にもの狂いで這い上がるしかない。

 現役選手による、しかも五輪でメダルを狙うレベルにあるトップアスリートが起こした不祥事は、野球賭博同様、日本のスポーツ界に危機ともいえる重大な影を落とす。

コンプライアンス、ガバナンスとともに問われるインテグリティという概念

  バドミントン協会は今後の再発防止に向けての教育プログラムを提示した。バドミントン協会だけではなく、どの団体も、プロスポーツでも改めて組織における教育、強化策の点検は必要 ・・・続きを読む
(残り:約1474文字/本文:約2682文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

スポーツライター。1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

増島みどりの新着記事

もっと見る