メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

広島カープの元4番打者・山本一義さんの逸話

しつこいほどに野球好きの姿勢が1975年のカープ初優勝を導く

薄雲鈴代 ライター

 あぁ、これが広島カープのスピリットなのだと思った。

 広島カープの25年ぶりリーグ優勝を病床で見届け、その一週間後に人生を旅立った山本一義氏。祝賀ムードに広島が沸いている最中、それに水をさすことのないようにと、最期を迎えるに際し自身で配慮し、訃報は公表されずにいた。

振り切ったあと顔を前に向けるよう指導する山本一義さん=2011年5月、山口市拡大振り切ったあと顔を前に向けるよう指導する山本一義さん=2011年5月、山口市
 1961年に広島に入団して以来、4番打者としてチームを牽引してきた選手である。75年の初優勝の時も、選手であると同時にコーチとして支えた。その山本一義氏の訃音に半月も遅れて接し、あらためて想い出したことがある。それは初優勝をともにつかんだ不屈の投手・外木場義郎氏を広島で取材したときのことである。

  旧広島市民球場を歩きながら、75年の初優勝までの道のり、四方山話を伺っていたときのことだ。ふと「私は山本一義さんが大好きでね」と、外木場氏は広島弁で朴訥と話された。

  マウンドでノーヒットノーランの偉業を成しても、ましてや初優勝のときも、ポーカーフェイスで派手に表舞台へ出ることをよしとしない外木場氏が、取材中、唯一自ら語り出したことが「山本一義さんが好き」だった。当時の取材テープを、そのまま再生すると次のとおりである。

  「遠征では相部屋になるので、よく夜中まで野球の話をしましたよ。たとえば、窮地に立った時、バッターはどう考えるかなんてことを、打者の立場から私に教えてくれました。遠征先では、部屋の中で素振りの練習をされるのですが、夜中2時をまわっても、まだ私の枕もとで、ぶんぶんスイングされる。私は次の日先発だったので、『もう寝かせてくださいよ』といったら、『バカタレが!』って怒られましてね。『一晩ぐらい寝なくても、投げなくてどうすんや。まぁ、明日は俺が打ってやるから頑張れや!』と一言。そしたら翌日、本当にスリーランを打って、 ・・・続きを読む
(残り:約1102文字/本文:約1875文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

薄雲鈴代

薄雲鈴代(うすぐも・すずよ) ライター

ライター。京都府生まれ。立命館大学在学中から「文珍のアクセス塾」(毎日放送)などに出演、映画雑誌「浪漫工房」のライターとして三船敏郎、勝新太郎、津川雅彦らに取材し執筆。京都在住で日本文化、京の歳時記についての記事多数。京都外国語専門学校で「京都学」を教える。主著に『歩いて検定京都学』『姫君たちの京都案内・源氏物語の恋舞台』『ゆかりの地をたずねて新選組』。

薄雲鈴代の新着記事

もっと見る