メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

勝負どころでタフさを見せるメジャーリーガー

“上がり”のない米国の先発投手はいつもベンチ入り、スタミナ不足目立った日本人選手

出村義和 ジャーナリスト

 2016シーズンはシカゴ・カブスが108年ぶりのワールドシリーズ優勝を飾って閉幕した。第7戦までもつれたシリーズはカブスに次いで世界一から68年間も見放されているクリーブランド・インディアンスの勝利への執念で、延長10回に8対7で決着がつくという歴史的シリーズに相応しい、のちのちまで語り継がれるような大熱戦だった。

  野球というスポーツの醍醐味、面白さが堪能できたシリーズ。しかし、残念ながら、そのフィールドには今年も日本人選手の姿はなかった(カブスの川崎宗則はベンチ入りを許されていたが、出場選手登録外)。02年の新庄剛志(ジャイアンツ)から09年の松井秀喜(ヤンキース)まで8年連続、13年には上原浩治、田澤純一(レッドソックス)、14年も青木宣親(ロイヤルズ)が出場して日本での盛り上がりをみせたが、これで2年続けて出場を逸したことになる。

  もちろん、だからといってシーズンを通して日本人選手が活躍しなかったわけではない。投手に限っていえば、そのほとんどがチームに大きな貢献をしたといえる。右ヒジの心配がついて回る田中将大(ヤンキース)は試行錯誤しながら199回3分の2を投げ、14勝4敗、防御率3.07と自己ベストのシーズンを送り、『ヤンキースのエース』としてチーム内外に認知された。岩隈久志(マリナーズ)もローテーションの中心として自己最多の16勝をマーク。

ロッキーズ戦に先発したドジャーズの前田健太=2016年8月4日、米コロラド州デンバー拡大ロッキーズ戦に先発したドジャーズの前田健太=2016年8月4日、米コロラド州デンバー
  右ヒジ再建手術(通称トミー・ジョン手術)から5月に復帰したダルビッシュ・有(レンジャーズ)はリハビリ期間中に筋力を鍛え、威力を増した快速球を武器に7勝。メジャー1年目の前田健太(ドジャース)は中4日、5日という日本に比べて短い登板間隔に苦しみながらも適応して、開幕から唯ひとりローテーションを守り、チーム最多の16勝をマークして4年連続地区優勝に貢献した。また、上原、田澤のリリーフコンビも故障で戦列を離れる時期こそあったが、チームの地区優勝には欠かせぬメンバーとして存在感を示した。

  だが、シーズンを終えるとき、彼らの口をついて出てきたのは「悔しい」という言葉。

  成績は確かに高い評価を与えられるものではあったが、それぞれが最終盤の勝負どころで力を出し切れなかった。田中はわずかだがポストシーズンの望みを残した段階で、右前腕部の張りで2回の先発機会を回避、そのままシーズンを終えた。ヤンキースは結局、ポストシーズン進出を逸し、田中も掴みかけていた防御率1位のタイトルを獲ることはできなかった。

  岩隈は01年以来のポストシーズン進出を賭けた試合で先発を任されながら ・・・続きを読む
(残り:約1377文字/本文:約2487文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

出村義和

出村義和(でむら・よしかず) ジャーナリスト

ジャーナリスト。1950年、東京生まれ。法政大学社会学部、ユタ州立大学ジャーナリズム科卒。ベースボールマガジン社でアメリカ総局特派員、週刊ベースボール編集長などを務め、86年からフリー。ニューヨークを拠点に、スポーツから政治、ビジネスまで幅広い範囲をカバー。2005年に帰国後、新聞、雑誌などに執筆する一方で、スカパー!「MLBライブ」の解説を務め、09年からはJスポーツでMLBの解説者となる。著書に『英語で聞いてみるかベースボール』『メジャーリーガーズ』など。

出村義和の新着記事

もっと見る