メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

37歳になる陸上・末続とバスケ田臥の現役の秘訣

9年ぶりに日本選手権に復帰する伝説のランナー末続のモチベーション

増島みどり スポーツライター

2003年世界陸上パリ大会の男子200メートルで銅メダルを獲得した末続慎吾(中央)=2003年8月30日、パリ拡大2003年世界陸上パリ大会の男子200メートルで銅メダルを獲得した末続慎吾(中央)=2003年8月30日、パリ
 女子プロプロゴルファーの宮里藍が31歳での現役引退を発表し、改めてその偉大なキャリアが称賛、拍手に包まれていたちょうど同じ頃、こちらは、6月2日に37歳になったスプリンターの最前線への復帰に驚かされていた。2003年パリ世界陸上200メートルで、日本人短距離選手として初めてメダル(銅)を獲得する快挙を成し遂げた末続慎吾(SEISA、星槎大特任准教授)である。

  パリ世界陸上決勝で、黒人スプリンター7人に囲まれながら直線で彼らをかわしてフィニッシュしたレースは、日本陸上界の伝説とされ、同年に樹立した日本記録20秒03はいまだに破られていない。08年北京五輪四百メートルリレーで、銅メダルを獲得した2走としての走りも語り継がれる。

  5月に米・テキサス州で行われた記録会で200メートル20秒94をマーク。日本選手権の参加標準記録20秒95を突破すると同時に、地域選手権での参加資格2位以内(熊本選手権)を満たしていたためエントリーが可能に。6月23日から大阪・ヤンマースタジアムで行われる日本選手権の資格審査は6月上旬にも決定する。

  細身のスプリンターが壁を突破する姿に何度も驚かされてきた。しかし今回ほど驚かされる復帰もない。北京で共に銅メダルを獲得した朝原宣治が当時35歳で驚異的な走りを見せたが、それとはまた違った伝説だろう。

  北京五輪以降2年もの長期休養を取って「走るために走りたい」と、故郷・熊本に拠点を移し、その後は長年支援を受けたミズノを退社。かつてはハードな練習を信条としただけに、未知のトレーニングを開拓しなければならなかった。時に根を上げ、足と体全体を経験のない「違和感」に襲われる。「伝説の人が今や・・」「とっくに辞めていたのかと思った」そんな評価ももちろん耳に届く。

  しかし末続は楽しそうに話していた。

  「0.1秒でも1センチでもちょっとでも速くって、小さい頃のかけっこの気持ちのままです。歳を取ると理由の分からない違和感がどんどん出るんですが、それを今の走りに活かせるのが現役ってことなのかな、と」

  未踏を歩かなければ決して出なかった言葉だ。昨年、熊本地震で被災した際、あまりの揺れにとっさにバッグに身の回りの物を詰め込んで車で飛び出したが、入っていたのはシューズとウエアだけ。後で中身を確認して自分でも笑ってしまったという。

日本人初のNBA選手・田臥勇太の信条

  トップアスリートの取材をしていると、実年齢に加え「アスリート年齢」が存在しているのではないかと思うようになる。トップ選手の華やかで輝かしい栄光の瞬間を私たちが見るのは「氷山の一角」に過ぎず、ほとんどのぶ厚い氷の下は見ることも、触れる機会もない場所だ。疲労、プレッシャー、周囲の期待、ケガ、スランプ・・・。彼らが乗り越えた困難はほとんど知られない。実年齢が肉体だとすれば、アスリート年齢は精神の大きな部分を形成する要素だろうか。

  能代工で9冠の偉業を達成し、単身アメリカに渡ったバスケットボールの田臥勇太もまた、末続と同じ1980年生まれ、今年37歳になる。ついに始まったプロリーグで初代王者に輝き、業界そのものをけん引し続けた。

  米国に行った当初は言葉が分からず、しかも学業で練習参加が決定する方式のため、体育館ではなく図書館通いを続けた。ヘルニアも見つかるなど2年は満足にプレーができなかった。3年半で中退し一度帰国し日本でプレーをしたが、NBAに挑戦するため渡米。173センチの身長、決してパワーあふれる体格ではないが、独立リーグから初の日本人としてNBA「フェニックス・サンズ」のコートに立った。4試合で解雇され、以降は独立リーグ、NBA傘下のリーグをチャンスを掴もうと渡り歩き08年に日本に復帰した。

  Bリーグのファイナル準々決勝、強敵・川崎には一時22点もリードを奪われた。この試合に勝って準決勝を決めた直後、田臥に「接戦が多く、精神的にも肉体的にもかなり疲れているのではないか」と聞いた。

  「いえ、楽しくって仕方がありません」

  起用方法、自分への評価と容赦ない競争に ・・・続きを読む
(残り:約960文字/本文:約2737文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

スポーツライター。1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

増島みどりの新着記事

もっと見る