メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

多様な外国人監督で強化を加速する球技の日本代表

東京五輪まであと3年、メダルなしだったリオから巻き返し図りバスケなどで起用

増島みどり スポーツライター

 インド・ベンガルール行われた女子バスケットボールのアジア選手権決勝は、世界ランキング13位「アカツキファイブ」(日本代表の愛称)が1点差の厳しい試合をものにし、74対73で現在のランキングでは4位と格上の強豪、オーストラリアを下し3連覇を果たした。

 昨年のリオデジャネイロ五輪に3大会ぶりの復帰を果たした女子は、日本の持ち味であるスピードを活かしたスタイルで決勝トーナメントに進出、堂々と世界へ名乗りをあげた。しかし1年経った今大会、リオのエースだった渡嘉敷来夢が選出されず、キャプテンの吉田亜沙美もケガのためにベンチと、昨年の先発メンバーと大きく変わった若い布陣で挑んでいる。東京五輪に向かってメダルへの挑戦から、メダル獲得が目標になった。

  NBAでプレーし「JX-ENEOSサンフラワーズ」でヘッドコーチを務め、代表でもコーチを経験し、日本の女子バスケを知り尽くしたトム・ホーバス(49=米国)のこんな大胆なチーム作りが早くも成果を生んでいる。

  試合後、29日が誕生日だった女子バレーボールの五輪メダリストでもある三屋裕子・日本バスケットボール協会会長を全員で胴上げ ・・・続きを読む
(残り:約730文字/本文:約1231文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

スポーツライター。1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

増島みどりの新着記事

もっと見る