メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

強硬にも映る著作権料徴収の根源にあるもの(上)

寡占に対する公取委の改善命令が、JASRACという巨象を突き動かしているのか

小野登志郎 ノンフィクションライター

  一般社団法人・日本音楽著作権協会(JASRAC)は、2017年7月11日に香川県高松市、北海道札幌市の理容店、飲食店での著作物の使用差し止めと損害賠償を求めて、訴えを起こしたことが報道された。また京都大学がホームページに載せた総長式辞にも「問い合わせ」を行ったと伝えられているが、ここ最近、JASRACが著作権料の徴収を積極的に行うようになっている。

拡大カラオケ喫茶で演歌を楽しむ人たち。一曲一曲に音楽著作権がある=1999年、大阪府守口市
  JASRACといえば、ヤマハ音楽教室など楽器メーカーなどが運営する約9000カ所の音楽教室から、来年1月より受講料収入の2.5%の著作権料を徴収することを発表、音楽教室側の猛反発にあっている。

  音楽教室側は約56万人分の反対署名を提出、さらに「音楽教室を守る会」を結成しJASRACに対し、「音楽教室でのレッスンには著作権法に定める演奏権は及ばず、JASRACの徴収権限は無いことを確認するため」の「音楽教室における著作物使用にかかわる請求権不存在確認訴訟」を東京地方裁判所に提起している。

  ちまたでは「CDの売上減がJASRACの収入基盤を脅かしたため、JASRACがなりふり構わない徴収策に出ている」という言説もあるが ・・・続きを読む
(残り:約892文字/本文:約1407文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


関連記事

レコメンドシステムによる自動選択

筆者

小野登志郎

小野登志郎(おの・としろう) ノンフィクションライター

ノンフィクションライター。1976年、福岡県生まれ。早大中退後、フリーのライターとして執筆活動を始める。在日中国人や暴力団、犯罪などについて取材し、月刊誌や週刊紙に記事を掲載している。著書に『龍宮城 歌舞伎町マフィア最新ファイル』『ドリーム・キャンパス』『アウトロー刑事の人に言えないテクニック』など。

小野登志郎の新着記事

もっと見る