メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

大学院のカルチャースクール化をどうする?(中)

中卒でも「東大卒」の肩書が得られるのはなぜ?

杉浦由美子 ノンフィクションライター

 研究者出身の政治家がかつてバラエティ番組で、「自分が学生だったころは、東大法学部で最も優秀な学生たちは院に進んで研究者になり、次の階層が司法試験を受け、その下が官僚になった」という趣旨を話したと記憶する。

  確かに1990年前後ぐらいまではそういう風潮だったようだ。当時の東大は、法学部以外の文系学部も、院に進むのはハードルが高かった。その頃、東大の文学部に在籍していた大学教授がいう。

  「大学院入試に落ちた学生が泣く泣く総合商社や大手出版社、都市銀行に就職していた」

「大学の授業のイメージ」など講義のあり方を考える講座で、参加した大学院生らがグループごとに発表した=2013年、京都市内拡大「大学の授業のイメージ」など講義のあり方を考える講座で、参加した大学院生らがグループごとに発表した=2013年、京都市内
  現在そうそうたる地位にいる研究者(大学教授)たちの中には院に入るために浪人している人もいる。それぐらい、当時、東大・文系の大学院は難関だった。

  しかし、1990年代半ばぐらいになると、院に受かっても、進学せず民間企業に就職する学生が出てきた。そして、現在は「民間企業に就職できなかった子が院に進む」(20代東大法学部出身大手企業勤務のコメント)となっている。

  データをみてみよう。2017年の春の入試で、東大の大学院修士課程、法学政治学の総合法政専攻(ロースクールではない専攻)は定員が20人で入学者は11人。そのうち東大の学部からの進学者は4人だ。また、人文社会系の修士課程は定員が193人で入学者は128人である。難関国立大学の教授も「今、文系の院はどこも入るのが簡単だ」と話している。定員が増えたというだけではなく、入ってくる学生の質にも首をかしげる ・・・続きを読む
(残り:約1414文字/本文:約2062文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

杉浦由美子

杉浦由美子(すぎうら・ゆみこ) ノンフィクションライター

1970年生まれ。日本大学農獣医学部(現・生物資源科学部)卒業後、会社員や派遣社員などを経て、メタローグ社主催の「書評道場」に投稿していた文章が編集者の目にとまり、2005年から執筆活動を開始。『AERA』『婦人公論』『VOICE』『文藝春秋』などの総合誌でルポタージュ記事を書き、『腐女子化する世界』『女子校力』『ママの世界はいつも戦争』など単著は現在12冊。

杉浦由美子の新着記事

もっと見る