メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

年齢が障害、イチローも青木も不透明な来季の契約

今季のメジャー日本人野手 イチローが「運動不足」、青木は「精神的に疲れた」

出村義和 ジャーナリスト

 今シーズンの頂点を目指すポストシーズンが佳境に入っている。ダルビッシュ有と前田健太が所属するドジャース、田中将大の所属するヤンキースが勝ち進み、改めて日本人投手が脚光を浴びている。

  一方でわずか2人だけになってしまった日本人野手はタフなシーズンを終えた。

  イチロー(マーリンズ)はメジャー17年目のシーズン終了の感想を問われ、次のようにいった。

  「運動不足だね」

  彼らしい無念さの表現ではないか。出場機会が限られることはシーズン前からわかっていた。昨年と同様、「4番目の外野手」というのがチームにおける役割。

右越え三塁打を放ち史上30人目の大リーグ3000安打を達成したイチロー=2016年8月7日、米コロラド州デンバー拡大右越え三塁打を放ち史上30人目の大リーグ3000安打を達成したイチロー=2016年8月7日、米コロラド州デンバー
  しかし、レギュラー組の故障などによって143試合で327打数を与えられ、打率2割9分1厘を残せた昨年とは違い、今年は打撃においては30球団ナンバーワンといわれるレギュラーが揃って快調なシーズンを送り、イチローの出番は136試合に出場したものの、打席に立つ回数は196回に激減。従って安打数も前年の95安打から50安打にほぼ半減。役割はいつしか控えの外野手というよりは代打。そうした起用がシーズンの代打安打記録28本に1本まで迫るという皮肉な記録への挑戦という形になった。

  この10月22日で44歳になる。今シーズン、野手ではメジャー最年長。それでも、現地メディアには「50歳まで現役」の意欲を語っている。

  広く知られた野球に対するストイックな姿勢と、たゆまぬ練習のたまものであるとはいえ、野手の平均年齢が28.3歳ということを考えれば、いまだに現役を続け、その若々しいプレーで見るものを驚かせていること自体が奇跡といえよう。

  通算3080安打で歴代22位まで上り詰めたイチローの50歳へのチャレンジは可能なのか。来シーズンの契約オプション(200万ドル)は球団が持つ。選択権の行使期限はワールドシリーズ終了5日以内だ。マーリンズはシーズン終了間際にヤンキースのキャプテンを務め、メジャーの顔でもあったデレク・ジーターを含めた投資家グループに球団譲渡することが正式に承認され、イチローの運命は新経営陣に委ねられる。

  CEO(経営最高責任者)に就任したジーターはかつてのチームメイトでもあったイチローを「好きな選手」とは語るが、契約については「これから組織のすべてを見直す」といういい方で言葉を濁す。先は不透明としかいいようがない。

  これは激動のシーズンを過ごした青木宣親(メッツ)についても同じことがいえる。 ・・・続きを読む
(残り:約737文字/本文:約1816文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

出村義和

出村義和(でむら・よしかず) ジャーナリスト

ジャーナリスト。1950年、東京生まれ。法政大学社会学部、ユタ州立大学ジャーナリズム科卒。ベースボールマガジン社でアメリカ総局特派員、週刊ベースボール編集長などを務め、86年からフリー。ニューヨークを拠点に、スポーツから政治、ビジネスまで幅広い範囲をカバー。2005年に帰国後、新聞、雑誌などに執筆する一方で、スカパー!「MLBライブ」の解説を務め、09年からはJスポーツでMLBの解説者となる。著書に『英語で聞いてみるかベースボール』『メジャーリーガーズ』など。

出村義和の新着記事

もっと見る