メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

死ぬまでに一度は訪れたいという嵐山の竹林の現状

観光客の増加で年中繁忙期の京都、竹の表面に刻まれる横文字の落書き

薄雲鈴代 ライター

嵐山の竹林の表面には横文字で刻まれた落書きが目につく=2017年11月1日、京都市右京区拡大嵐山の竹林の表面には横文字で刻まれた落書きが目につく=2017年11月1日、京都市右京区
 錦繍の候、いつにも増して京都は盛況だ。

 平日にもかかわらず、名刹名庭はどこも人で溢れている。紅葉のシーズンになると「見どころは?」「穴場は?」の問い合わせが絶えない。以前ならば、早朝に名だたる古刹へ行かれることを勧めていた。たとえば開門6時早々に東山から朝陽の差す清水寺を詣でたり、南禅寺のような禅寺ならば、朝靄の中を托鉢に向かう修行僧と出くわしたりと、紅葉の彩りのもと、自分だけの清澄な一瞬に出会えるからだ。

  ところが、昨今ではその裏技が通じない。はやばやと朝から観光客で賑わい、俗塵に塗れている。ひとりだけの紅葉観賞といった贅沢な時間はどこにもない。

  日々暮らしていても、京都という土地は馴れることがなく、日常の当たり前にならない。なんて神秘的なのだろうと心奮える場面が其処此処にある。なのに、この頃ではヒト疲れで終わってしまうことがよくある。

  なんといっても嵐山に遊ぶ人の多さには驚いてしまう。先日も雑誌の取材で天龍寺に伺ったが、亀山を借景とした曹源池庭園も人だらけ。方丈の広縁も各国のことばが飛び交い喧しい。いつからか京都には閑散期というものがなくなった。 ・・・続きを読む
(残り:約1274文字/本文:約1779文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

薄雲鈴代

薄雲鈴代(うすぐも・すずよ) ライター

ライター。京都府生まれ。立命館大学在学中から「文珍のアクセス塾」(毎日放送)などに出演、映画雑誌「浪漫工房」のライターとして三船敏郎、勝新太郎、津川雅彦らに取材し執筆。京都在住で日本文化、京の歳時記についての記事多数。京都外国語専門学校で「京都学」を教える。主著に『歩いて検定京都学』『姫君たちの京都案内・源氏物語の恋舞台』『ゆかりの地をたずねて新選組』。

薄雲鈴代の新着記事

もっと見る