メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

暗部が白日にさらされつつあるAV強要問題

相次ぐプロダクション関係者の逮捕、背景に警察の取り締まり強化

久田将義 編集者

  AV強要が、より社会問題化してきている。2月1日に警察がAV制作会社、プロダクションなどの関係者を集め、説明会をおこなった。

AV出演強要防止を訴え、渋谷センター街をパレードする参加者ら=2017年4月26日、東京都渋谷区拡大AV出演強要防止を訴え、渋谷センター街をパレードする参加者ら=2017年4月26日、東京都渋谷区
  元々この動きは女性弁護士を中心とした人権団体「ヒューマンライツナウ」が火をつけたものと言ってよい。それまでに潜在化していた「AV強要」という業界の暗部が、白日の下にさらけ出されつつある。

  AVが日本に根付いたのは1980年代バブルの時期。今まで、表の世界に出るべきではなかったはずのAV女優が、深夜のテレビ番組に出演し、ある種の市民権を得た。例えば、故飯島愛などは、「朝まで生テレビ!」などの討論番組にも出演。強いカリスマ性を誇った。そして彼女に憧れる女性も増えていった。

  それから30年。AV業界は、より発展し「AV女優に憧れる」という女子はさらに増加。AV女優の地位は向上したかのように見えていた。が、前記の「ヒューマンライツナウ」の活動やそれに触発された、元・現役の有名AV女優が自著などで「グラビアだと思ったらアダルトビデオだった」といった事を告白。またSNS上でも元有名AV女優たちが「強要された」事について、声を上げている、

  世間は「いったんはテレビにまで(あるいは映画やテレビドラマ)進出したAV業界。なのにやっばり中身はダーティなんだ」というイメージを強く持った事だろう。実際、強要は程度の問題こそあれ、「ある」のだからこれをクリーンにしなければAV業界存亡の危機とさえ言える。警察が説明という名目で、「介入」をしてきた事は軽く受け止めてはならない。

 プロダクション関係者の逮捕も相次いだ。淫行勧誘容疑など逮捕理由は事欠かない。全部とは言わないが、元々、AV業界の成り立ちはグレーゾーンだった。 ・・・続きを読む
(残り:約1214文字/本文:約1968文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

久田将義

久田将義(ひさだ・まさよし) 編集者

TABLO編集長。1967年、東京都生まれ。法政大社会学部卒業後、産経メディックスに入社。三才ブックス、ワニマガジン社の後、ミリオン出版に移籍し2001年から「実話ナックルズ」編集長。06年に選択出版に移り、週刊朝日を経てミリオン出版に復帰。12年9月まで編集局次長。犯罪や芸能界に詳しい。著書に『トラブルなう』『原発アウトロー青春白書』『僕たちの時代』(青木理氏との共著)。

久田将義の新着記事

もっと見る