メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

契約危機と開幕直前のけがから蘇ったイチロー

リリーフ投手増で減る外野手枠、5年ぶり開幕先発の44歳は選手生命を賭ける

出村義和 ジャーナリスト

 過去に例をみない歴史的デビュー。打てば打ったで、投げれば投げたで野球王ベーブ・ルースが引き合いに出される大活躍。大谷翔平の鮮やかな二刀流は本場アメリカでも連日ビッグニュースになっている。まだ、メジャーでのキャリアは始まったばかり。一体、これから先、どんなドラマを演じ、歴史を作っていくのか。

マーリンズ時代にイチローは右越え三塁打で史上30人目の大リーグ3000通算安打を達成=2016年8月7日、米コロラド州デンバー拡大マーリンズ時代にイチローは右越え三塁打で史上30人目の大リーグ3000通算安打を達成=2016年8月7日、米コロラド州デンバー
 17年前のイチローも同じように衝撃的であり、みる者の期待を無限に膨らませるような存在だった。日本人野手のメジャーリーガー第1号。オープン戦の不振から、メジャーでの活躍を危惧された。

 ところが、フタを開ければ、デビュー戦で初安打を打ち、数日後には強肩を披露して全米のニュースになり、そしてマシーンのようにヒットを量産。一番打者としてマリナーズの地区優勝に大きく貢献。新人記録となるシーズン242安打を放ち、首位打者を獲得。史上2人目の新人王とMVPを同時受賞した。

 現実離れした活躍ぶりは、いま大谷に対してさかんに使われている『アニメ』ではなく、当時は『劇画』のようだと形容されたものだ。

若返りの波のなかで未契約が相次いだベテラン選手

 そのイチローが選手生命を賭けたシーズンを戦っている。メジャー野手で最年長の44歳。

 このオフはメジャーでの選手生活の継続が脅かされ、古巣マリナーズとの契約もスプリングトレーニングが半ばに差し掛かろうかという3月7日のことだった。 ・・・続きを読む
(残り:約1372文字/本文:約1957文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

出村義和

出村義和(でむら・よしかず) ジャーナリスト

ジャーナリスト。1950年、東京生まれ。法政大学社会学部、ユタ州立大学ジャーナリズム科卒。ベースボールマガジン社でアメリカ総局特派員、週刊ベースボール編集長などを務め、86年からフリー。ニューヨークを拠点に、スポーツから政治、ビジネスまで幅広い範囲をカバー。2005年に帰国後、新聞、雑誌などに執筆する一方で、スカパー!「MLBライブ」の解説を務め、09年からはJスポーツでMLBの解説者となる。著書に『英語で聞いてみるかベースボール』『メジャーリーガーズ』など。

出村義和の新着記事

もっと見る