メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

桐谷美玲の引退説なぜ出る? 敏腕社長苦境の理由

”芸能界に興味ない女子”をスカウトしてきたスウィートパワーの女優が辞めたがる理由

杉浦由美子 ノンフィクションライター

女優の桐谷美玲さん=2015年、東京都港区拡大女優の桐谷美玲さん=2015年、東京都港区
 女優の桐谷美玲が女優業を辞めたいと希望しているという報道が、今年に入って定期的にされている。5月半ばには、俳優の三浦翔平と6月に結婚する、と一部で報じられた。

 確かにドラマで桐谷の美しい顔を見なくなったように思う。『女性自身』(光文社)の報道によると、現在放送中の『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)への出演を桐谷が断ったという。

 桐谷は去年引退した堀北真希が在籍した事務所スウィートパワーに所属する。そのため、この事務所がブラック体質で、女優を酷使するからとも言われている。しかし、売れっ子女優はどこの事務所に所属していても、激務を強いられるのではないか。旬の時期に働かせて、将来の分も稼がせる。それは女優自身の経済的な安定にも繋がる。

 スウィートパワーが「働かせすぎ・ブラック事務所」という批判が出てくる理由の一つにはやっかみもあるだろう。スウィートパワーは、1990年代後半に設立された後に、内山理名、黒木メイサ、堀北真希等々をスター女優に育て上げ、飛ぶ鳥を落とす勢いをみせた。そのために、嫉妬があり、批判的な記事が出ているようにも感じる。ようはネガティブなコメントをしたがる関係者がいるのだ。 ・・・続きを読む
(残り:約2477文字/本文:約2981文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

杉浦由美子

杉浦由美子(すぎうら・ゆみこ) ノンフィクションライター

1970年生まれ。日本大学農獣医学部(現・生物資源科学部)卒業後、会社員や派遣社員などを経て、メタローグ社主催の「書評道場」に投稿していた文章が編集者の目にとまり、2005年から執筆活動を開始。『AERA』『婦人公論』『VOICE』『文藝春秋』などの総合誌でルポルタージュ記事を書き、『腐女子化する世界』『女子校力』『ママの世界はいつも戦争』など単著は現在12冊。

杉浦由美子の新着記事

もっと見る