メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

入学後と就職からみる女子大の研究

写真・図版:入学後と就職からみる女子大の研究 金城学院大のキャリアトークセッションの参加者=2007年、名古屋市  大学受験のシーズン間近。男女共同参画の流れのなか、共学校に比べ偏差値を落とす女子大が少なくない。ただ就職での強みなどを生かし、女子大の一部には人気復活の動きがある。男性がいないキャンパスで伸び伸びと活躍したり、恵まれたきれいな環境で安心した学生生活を送れたりという長所を指摘する声もある。女子向けに大学選びの助言を。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする