メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

検索結果は、消せない過去か

写真・図版:検索結果は、消せない過去か 会見で記者の質問に答える申立人の代理人の神田知宏弁護士=東京・霞が関  検索サイトに逮捕歴が表示される男性が、その削除を求めた仮処分事件で、最高裁は1月31日、訴えを退ける決定をした。国内で同様の訴えが相次ぐ中、最高裁は「プライバシーを公開されない利益が、検索サイトの表現の自由と比べて明らかに優越する時に削除が認められる」とする判断を示した。今回の決定の意味を考える。

Facebookでコメントする