メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

“史上最弱”侍ジャパンがWBCで4強の訳

写真・図版:“史上最弱”侍ジャパンがWBCで4強の訳 抑えに起用されている牧田=2017年3月12日、東京ドーム  WBCで2大会ぶり3度目の制覇をめざす日本が1、2次ラウンドを6戦全勝で4強入りした。投打の軸と期待された大谷がけがで欠場したうえ強化試合で負け越して前評判の低かった侍ジャパンが、本番では粘り強い戦いで快進撃を見せている。好調の原因は何か。米国で21日(日本時間22日)にある準決勝、そして決勝はどうなるか。

Facebookでコメントする