メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

当事者がイメージを変えた認知症

写真・図版:当事者がイメージを変えた認知症 ラジオ体操をする認知症カフェ参加者=2017年3月19日、兵庫県姫路市  高齢化に伴って認知症になる人が増えている。ただ、恥ずかしさが先立ち認知症になったことを隠す風潮が変わりつつあり、当事者が自らの体験を告白し、多くの情報が伝えられるようになった。26日から29日まで開かれる京都で第32回国際アルツハイマー病協会国際会議では研究や様々な取り組みについて意見が交わされる。

Facebookでコメントする