メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

生活保護費切り下げは妥当か

写真・図版:生活保護費切り下げは妥当か 日中はほとんど電気をつけずに暮らす、生活保護を受けている男性=兵庫県内  厚生労働省は昨年12月、生活保護基準部会の報告をもとに、2018年度から生活保護費を切り下げる方針を打ち出した。「生活保護を受けていない低所得層の消費水準に合わせて見直す」というのが理由だ。生活保護費の切り下げはこれまでも繰り返されてきた。「最後のセーフティーネット」と言われる生活保護の費用の削減は本当に必要なのか。

Facebookでコメントする