メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

天皇退位、改元の決め方について考える

写真・図版:天皇退位、改元の決め方について考える 井の頭公園を散策する天皇、皇后両陛下=2017年12月1日、東京都内  天皇陛下が2019年4月30日に退位し、皇太子さまが新しい天皇に即位する翌5月1日に新しい元号が施行されることになった。当初、改元は1月1日か4月1日が有力と見られていたが、決定までの宮内庁や政府の動きには紆余曲折があった。約200年ぶりとなる退位の日程の決め方、議論の進め方はこれで良かったのか。

Facebookでコメントする