メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

スキャンダルが相次ぐ日本のスポーツ界

写真・図版:スキャンダルが相次ぐ日本のスポーツ界 世界新記録を出した鈴木雄介選手=2015年3月15日、石川県能美市  平昌五輪ショートトラック男子代表・斎藤慧選手のドーピングの陽性反応、20キロ競歩の世界記録保持者・鈴木雄介選手の強化費の不正申請、レスリング女子五輪4連覇の伊調馨選手に対する栄和人・協会選手強化本部長によるパワハラ疑惑。クリーンといわれてきた日本のスポーツ界に何が……。

Facebookでコメントする