メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

強制不妊手術を是認した風潮は消滅したのか

写真・図版:強制不妊手術を是認した風潮は消滅したのか 強制不妊手術を受けたと話す小島喜久夫氏=2018年4月18日、 札幌市  旧優生保護法があった時代に不妊手術を強制された障害者らが、救済措置が取られていないのは違法だとして、国に賠償と謝罪を求める訴訟を相次ぎ起こしている。5月27日には全国優生保護被害弁護団が結成。なぜ、強制不妊手術を医師はなぜ食い止められなかったのか。いまはそうした風潮がなくなった、と言い切れるのか。

Facebookでコメントする