メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

選挙での厳格派の躍進

 私が2012年11月の中東取材で「サラフィー主義の台頭」に取材の焦点を絞った理由は、「アラブの春」と呼ばれる若者たちのデモによって始まる一連の政治的激動の中で、サラフィー主義の台頭が最も衝撃的であり、最も理解しにくい出来事だったからだ。

 若者たちが強権体制に対して「自由と公正」を求めて立ち上がったことは、世界中の共感を呼んだ。強権体制が倒れた後で、チュニジアでもエジプトでもリビアでも自由選挙が行われたことも、新しい時代の幕開けを実感させた。

 ところが、エジプトでは革命後初の議会選挙で、498議席のうちイスラム穏健派組織のムスリム同胞団が創設した「自由公正党」が213議席(43%)の議席をとり、圧倒的な第1党となった。それに続く第2勢力は、サラフィー主義の「ヌール(光)党」や、元過激派の「イスラム集団」がつくった政党「建設発展党」などがつくる「イスラムブロック」で、25%の議席をとった。

 ムスリム同胞団は1928年にエジプトで創設されたイスラム組織であり、全国組織を持ち、ムバラク時代も弾圧されながらも野党第1党だったのだから、ムバラク政権が倒れた後の自由選挙で勝利したことは、自然な成り行きでもあった。

 一方、サラフィー主義者は、男性は長いあごひげを蓄え、女性は目だけを出すヌカーブといわれるベール姿が代表的な外見であり、国民性や宗教的に穏健なエジプトではごく少数派という印象だった。

 ムバラク時代には、サラフィー主義の政党はなく、選挙に参加した経験もなかったのだから、選挙での影響力は限られていると考えていた。ところが、ふたをあけてみると「イスラムブロック」が4分の1の議席をとるという予想もしない結果になった。

 「イスラムブロック」ではアレクサンドリアで生まれたサラフィー組織がつくったヌール党が100議席をとって一躍大政党となった。

 同じブロックの建設発展党は13議席だったが、この議席数はリベラル派や左派、ナセル主義者ら、どの既存の世俗派政党よりも数が多かった。建設発展党の母体であるイスラム集団は、1990年代後半に武装闘争を放棄したとはいえ、97年にルクソールで日本人10人を含む外国人観光客61人を無差別に殺害したテロ事件の実行組織である。

 イスラム集団が選挙という形で政治の表舞台に出てきて、2桁の議席を得たことだけを見ても、「アラブの春」でのサラフィー主義の台頭は、中東政治の新しい面を見せる出来事だった。

「イスラム法の実施」と革命

 タハリール広場で「イスラム法の実施」を求めるサラフィー主義者の大規模なデモを取材したのは、その台頭ぶりを実感する出来事だった。 ・・・続きを読む
(残り:約3036文字/本文:約4153文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

川上泰徳

川上泰徳(かわかみ・やすのり) 中東ジャーナリスト

長崎県生まれ。1981年、朝日新聞入社。学芸部を経て、エルサレム支局長、中東アフリカ総局長、編集委員、論説委員、機動特派員などを歴任。2014年秋、2度目の中東アフリカ総局長を終え、2015年1月に退職し、フリーのジャーナリストに。元Asahi中東マガジン編集人。2002年、中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『イラク零年――朝日新聞特派員の報告』(朝日新聞社)、『現地発 エジプト革命――中東民主化のゆくえ』(岩波ブックレット)、『イスラムを生きる人びと――伝統と「革命」のあいだで』(岩波書店)、『中東の現場を歩く――激動20年の取材のディテール』(合同出版)、最新刊に『「イスラム国」はテロの元凶ではない――グローバル・ジハードという幻想』(集英社新書)。

川上泰徳の新着記事

もっと見る