メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

北欧女子オーサさんに聞く「マンガ」の魅力(下)

「日本語がお上手ですね」と毎回聞かれると……

清谷信一 軍事ジャーナリスト

――バンドデシネもですが、アメコミもフルカラーのコミックが主流です。また米国でマンガが出版され始めたころは現在のように日本式のコミックの形式ではなく、判型が大きく、薄いアメコミと同じフォーマットで、現地で勝手に着色されカラー化されていました。例えば『AKIRA』『アップルシード』などはそのようにして出版されていました。また右開きから左開きになるために構図もひっくり返ることになります。
 現在では欧米の現地語訳版でも、日本式のコミックスの形が普通で、日本同様に右開きで出版されることも増えています。また米国でもいわゆるグラフィックノベルなど、モノクロの作品も増えています。
 ところで初めに影響を受けたアニメの「セーラームーン」ですが、スウェーデンではたびたび放送中止になっていたそうですね。

オーサ・イェークストロム拡大オーサ・イェークストロムさん=提供・KADOKAWA
オーサ・イェークストロム 「そうなんです。スウェーデン人としては恥ずかしいことだと思います。

 ただ90年代のスウェーデンではアニメやコミックは小さい子供のためのもの、という『常識』がありましたから、ちょっとでも暴力があればダメで放送中止になりました。1年とか2年とか放送が中断したこともありました」

――表現規制に関しては日本と欧米では大きく違います。日本では大人向けと子供向けの文化の間には大きなグレーゾーンがありますが、欧米ではハッキリ峻別されているという違いによるものでしょう。
 日本では何の問題にもされないようなシーンが欧米では大問題となることも多々あります。子供を学校に送迎しに行かないと「児童虐待」になるなんて日本人には理解できないし、逆に日本で小学校低学年の子供が自分で電車通学しているなんて欧米では理解できないでしょう。どちらがいい、悪いではなく、まさに文化の違いです。
 暴力と同様にセックスも同じような規制がありますよね。

 「『セーラームーン』では変身の時にちょっと裸に近いような感じになるのですが、スウェーデン的にはこれは幼児ポルノと取られたりもしました。

 でも『セーラームーン』には私のような熱心なファンが多くて、オタクなファンが結束してテレビ局に対して抗議の手紙を書きました。もちろん私も書きました」

BLなのに女性の声に

――80年代後半のフランスでは子供向け番組のほとんどが日本製アニメとなって、社会問題化し、フランス政府やメディアも「文化侵略」として問題視しました。「『セーラームーン』を見るとレズビアンになる」とか、根拠のない批判もありました。 ・・・続きを読む
(残り:約4215文字/本文:約5253文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

清谷信一

清谷信一(きよたに・しんいち) 軍事ジャーナリスト

軍事ジャーナリスト、作家。1962年生まれ。東海大学工学部卒業。03~08年まで英国の軍事誌Jane's Defence Weekly日本特派員。香港を拠点とするカナダの民間軍事研究機関、Kanwa Informtion Center上級顧問。日本ペンクラブ会員。著書に『専守防衛─日本を支配する幻想』『防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備』『自衛隊、そして日本の非常識』『ル・オタク フランスおたく物語』、共著に『軍事を知らずして平和を語るな』『アメリカの落日―「戦争と正義」の正体』『すぐわかる国防学』など。最新刊に『国防の死角――わが国は「有事」を想定しているか』。

清谷信一の新着記事

もっと見る