メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

土人、シナ人……復活する差別語・侮蔑語

「死語」が再浮上し、世界中でひろがるのはなぜか

三島憲一 大阪大学名誉教授(ドイツ哲学、現代ドイツ政治)

 沖縄の米軍ヘリパッド基地工事反対のデモ隊員に大阪府警の機動隊員が「ボケ、土人」「黙れ、コラ、シナ人」などと、きわめつきの差別発言を放ったことが問題となっている。ヘイトスピーチの国家堂々版だ。

 さらには10月18日のこの発言を確認した松井一郎大阪府知事が「表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様」とツイッターするに及んで、一介の警察官のストレス状況の中での発言にすぎない、と大目に見るわけにいかなくなった。

なんのためらいもなく

「朝鮮人をたたき出せ」などの差別発言が飛び、多くの市民が抗議した=2月21日、名古屋市中村区拡大ヘイトスピーチ対策法は施行されたが、差別語は社会で飛び交っている
 こうした発言が警察内部の教育や治安関係の業界誌、右翼論壇人、ネトウヨなど、さまざまなチャンネルを通じて流布し、末端の警察官に浸透していること、さらには「アカ」「キョーサントウ」など戦前からの政治的な侮蔑表現が下敷きにあることなどさまざまに論じられている。

 構造的な根は深いようだ。とはいえ、最近の現象で驚くべきことが少なくとも3点ほどある。

 驚くべきことの第一は、かつては仲間内でだけ使っていたか、あるいは仲間内ですら、「ここだからいいけど、人前では言うなよ」と注意されていた侮蔑表現が、いまやなんのためらいもなく使われていることだ。

 じっさい「土人」という言葉は長いこと死語だった。福沢諭吉が『世界国尽』や「文明教育論」での、「一等国」のヨーロッパ諸国をトップにおいた民族ランキングで、アフリカの「土人」などを最下層に置いて以来(「亜非利加の土人に智識少なし」)、長いこと差別的なニュアンスを持っていた。竹山道雄の『ビルマの竪琴』でも、主人公が「土人」に化けたり、あるいは「土人」の食人種に捕まったりのシーンが出てくる。しかし、これも改訂版や映画では削除されている。「ちょっと具合悪い」からである。

 筆者の子供の頃はまだ山川惣治の『少年王者』とか『少年ケニヤ』などにワクワクしていた。「ライトニングジープ」「アメンホテップ」(もしかしたら主人公ワタルの父)などと言っても、もはや知る人も少ないだろう。そうした物語の中で常に「土人」が出てきた。「好意的差別」といってもいいが、形容矛盾で、今ではやはり「ちょっと具合悪い」だろう。まさにそのゆえに、この言葉は長いこと使われなかった。

 実際に沖縄暴言直後のメディアの街頭インタビューでも、「ええ、どういう意味?」といった反応も結構あったようだ。アイヌ差別の「北海道旧土人保護法」(廃止されたのは驚くなかれ1997年)という用法もあったが、無意識の差別に乗っかったお上品な世界では、「アイヌは土人」と言う人はいなかった。

 欺瞞は欺瞞で一定の文明化作用をもつ。「シナ人」も石原慎太郎がよく使っていたが、これも彼の世代の常用語を挑発的に復活させただけで、長いこと死語だった。そうした語彙がまさに自覚的に再活性化されているようだ。

第三者に責任を押しつける心理

 驚くべきことの第二点は、この「シナ人」である。 ・・・続きを読む
(残り:約2294文字/本文:約3526文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

三島憲一

三島憲一(みしま・けんいち) 大阪大学名誉教授(ドイツ哲学、現代ドイツ政治)

大阪大学名誉教授。博士。1942年生まれ。専攻はドイツ哲学、現代ドイツ政治の思想史的検討。著書に『ニーチェ以後 思想史の呪縛を超えて』『現代ドイツ 統一後の知的軌跡』『戦後ドイツ その知的歴史』、訳書にユルゲン・ハーバーマス『近代未完のプロジェクト』など。1987年、フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞受賞、2001年、オイゲン・ウント・イルゼ・ザイボルト賞受賞。

三島憲一の新着記事

もっと見る