メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[1]ドイツの選挙はEUの行方を占う上で重要だ

首相候補のシュルツ旋風が社会民主党(SPD)を変え、上昇気流に

熊谷徹 在独ジャーナリスト

シュルツ氏が首相候補として出馬へ

社会民主党のシュルツ前欧州議会議長=ロイター 拡大社会民主党のシュルツ前欧州議会議長=ロイター

 今年9月24日には、ドイツ連邦議会選挙が行われる。この選挙は、BREXIT(英国のEUからの離脱)や右派ポピュリスト勢力の伸長によって大きく動揺するEUの行方を占う上で、フランス大統領選挙とともに大きな意味を持っている。

 去年の暮れまでは、アンゲラ・メルケル首相の4選が有力視されてきたが、今年に入って政局に大きな変化が生じた。1月にドイツの2大政党の一つである社会民主党(SPD)のジグマー・ガブリエルが党首の座を、欧州議会の議長だったマルティン・シュルツに明け渡すことを発表したからだ。これによって、SPD左派に属するシュルツが連邦議会選挙での首相候補として出馬することになった。

 SPD内でのシュルツに対する人気は、高い。彼は3月19日の臨時党大会で、有効票を投じた代議員全員の票を獲得して、党首に選ばれた。党首が支持率100%で選ばれたのは、戦後SPDの歴史の中で初めてのことである。「連邦首相府を制覇する」と宣言したシュルツに、代議員たちは総立ちになって拍手を浴びせた。

世論調査の数字に現れている「シュルツ効果」

 「シュルツ効果」は、世論調査の数字にはっきり現れている。去年12月中旬には、SPDへの支持率は21%と低迷していた。だが公共放送局ARDが3月24日に行った世論調査によると、SPDに対する支持率は、3カ月間で11ポイントも増えて32%になった。

 SPDへの支持率は、メルケル首相が率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と並んだのだ。SPDと左翼政党リンケ、緑の党の支持率を足すと47%になり、過半数に近づく。SPD内部では、この3つの党で「赤・赤・緑連立政権」を作るという可能性すらささやかれている。

 SPDの発表によると、シュルツが首相候補に選ばれて以来、同党の党員数は約1万人増えた。SPDは2005年の赤・緑左派連立政権の終焉(しゅうえん)以来、支持率の低迷に苦しんできたが、今12年ぶりに上昇気流に乗っているのだ。

各政党に対する支持率(2016年12月16日と2017年3月24日の世論調査の比較)
資料=ARD拡大各政党に対する支持率(2016年12月16日と2017年3月24日の世論調査の比較) 資料=ARD

SPDは「アゲンダ2010」の呪縛から逃れられるか

 SPDの人気の高まりの理由は、シュルツ個人に対する期待感である。「首相を直接選ぶとしたら、誰を選ぶか」という質問に対して「シュルツ」と答えた回答者は45%で、メルケル(36%)を9ポイント引き離した。

 なぜSPDは、これほどシュルツに熱狂しているのか。

 その理由は、SPDがシュルツを跳躍台に使って、前首相ゲアハルト・シュレーダー(SPD)による雇用市場・社会保障改革「アゲンダ2010」の呪縛から自らを解き放とうとしているからだ。

 シュルツが突然政治の表舞台に登場した背景を理解するには、この国の社会民主勢力が90年代後半から歩んできた「茨(いばら)の道」について、知ることが不可欠だ。

・・・続きを読む
(残り:約1734文字/本文:約2914文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

熊谷徹

熊谷徹(くまがい・とおる) 在独ジャーナリスト

1959年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒業後、NHKに入局。ワシントン支局勤務中に、ベルリンの壁崩壊、米ソ首脳会談などを取材。90年からはフリージャーナリストとしてドイツ・ミュンヘン市に在住。過去との対決、統一後のドイツの変化、欧州の政治・経済統合、安全保障問題、エネルギー・環境問題を中心に取材、執筆を続けている。著書に「なぜメルケルは『転向』したのか・ドイツ原子力40年戦争の真実」、「ドイツ中興の祖・ゲアハルト・シュレーダー」(日経BP)、「脱原発を決めたドイツの挑戦」(角川SSC新書)など多数。「ドイツは過去とどう向き合ってきたか」(高文研)で2007年度平和・協同ジャーナリズム奨励賞受賞。
WebSite:http://www.tkumagai.de
Facebook:https://www.facebook.com/toru.kumagai.92
Twitter:https://twitter.com/ToruKumagai

熊谷徹の新着記事

もっと見る