メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

教室は本来、「間違える」ことを尊重する場所だ

教科書検定に潜む根源的な疑問と、多様性を奪われた社会の危うさ

倉持麟太郎 弁護士、慶応義塾大学大学院非常勤講師(憲法)

国家が示した道徳観に適合するか否か

文部科学省の入る中央合同庁舎7号館=東京・霞が関拡大文部科学省の入る中央合同庁舎7号館=東京・霞が関

 「教室は間違えるところ」

 昔、小学校の教室に、このような貼り紙がされていた記憶がある。

 その「間違える」ことを尊重するという価値を本来は体現すべき小学校の、教科書の検定結果が3月、文部科学省によって公表された。来春から道徳が「教科」になるのに伴い、政府は「考え、議論する道徳」を掲げ、2018年度から小学校で使われる道徳の教科化に力を入れるのだという。

 ある科目を「教科」化するとは、教科書を使用し、数値による評価を行うことなどを言う。だが、道徳については数値による評価は行わず、担任が担当することから、特に「特別の教科」という新たな位置づけが設けられた。要は、数値化はせず、入試等に使用はしないが、国家が示した道徳観への適合性を担任が評価するということである。

 教科書検定とは、当該教科を通じて修得すべきスキルや、伝えたい価値観に対して、その教科書が適合的かどうかを判断する作業だ。すなわち、教科書検定は、価値の取捨選択を通じての、政府による明確なメッセージの伝達だ。

 そもそも、政府は、2016年11月18日付の文部科学大臣メッセージにおいて、道徳の「特別の教科」化の理由を、「いじめに正面から向き合う」という〝いじめ防止対策〟の一環として説明していた。

 「道徳教育の質的転換」が「いじめ防止」につながるという命題には首をかしげざるをえないが、さて、かかるお題目を掲げた道徳の教科書検定を通じて、政府はいったいどのようなメッセージを発し、価値選択を行ったのだろうか?

「パン屋」を「和菓子屋」に差し替える

 今回の道徳教科書検定で、結果的に出そろったのは8社24点、計66冊である。これにつき、244の意見がつき、このうち43が指導要領に適合しないとされ、「本全体を通じて内容項目が反映されていない」などの指摘がされた。

 今回、文科省が検定過程で付した意見と、その後の教科書の修正の一部は以下のとおりである。

 ①「しょうぼうだんのおじさん」(東京書籍、小学校4年)➡文中の「おじさん」を「おじいさん」に変更。挿絵に登場する男性もより高齢者風にした。

 ②「にちようびのさんぽみち」(学研教育みらい、小学校1年)➡教材中に登場する「パン屋」を「和菓子屋」に差し替え。

 ③「大すき、わたしたちの町」(学研教育みらい、小学校1年)➡〝アスレチックの遊具で遊ぶ公園〟を、〝和楽器を売る店〟に差し替え。

 以上につき、文科省が「不適切」とした理由は、3月24日の朝日新聞デジタルによると、それぞれ次の通りである。

 ①感謝する対象として指導要領がうたう「高齢者」を含めるため。

 ②と③「パン屋がダメというわけではなく、教科書全体で指導要領にある『我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着をもつ』という点が足りないため」との理由。アスレチックに関しても同様である。これらを受けて、出版社側が表現を「日本らしいもの」に修正した。

http://digital.asahi.com/articles/ASK3P7KX3K3PULZU00T.html

根源的な疑問が潜んでいる

 今回の道徳教科書問題を通して、「パン屋と和菓子屋はどちらが郷土愛が強いのか」といった疑問や、「道徳で郷土愛を教えることがはたしていじめ対策として役に立つのか」等の問題点は当然のことながら指摘できる。だがここには、さらに根深い疑問として、「国家と道徳」をめぐる問題や、さらには「日本社会と立憲主義の理解」をめぐる根源的な疑義が潜んでいると指摘しなければならないだろう。

・・・続きを読む
(残り:約2431文字/本文:約3927文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

倉持麟太郎

倉持麟太郎(くらもち・りんたろう) 弁護士、慶応義塾大学大学院非常勤講師(憲法)

1983年、東京生まれ。慶応義塾大学法学部卒業、中央大学法科大学院修了。2012年弁護士登録(第二東京弁護士会)。慶應義塾大学大学院法務研究科非常勤講師(憲法)。弁護士法人Next代表弁護士・東京圏雇用労働相談センター(TECC)相談員として、ベンチャー支援、一般企業法務、「働き方」等について専門的に取り扱うも、東京MX「モーニングクロス」レギュラーコメンテーター、衆議院平和安全法制特別委員会公聴会で参考人として意見陳述(2015年)等、企業法務実務の傍ら、憲法理論の実務的実践や政策形成過程への法律実務家の積極的関与について研究。共著に『2015年安保~国会の内と外で~』(岩波書店、2015)、『時代の正体2』(現代思潮新社、2016)。

倉持麟太郎の新着記事

もっと見る