メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

加計学園獣医学部新設問題をめぐって開会された衆院内閣委と文部科学委の連合審査会閉会中審査で、答弁する前川喜平前文部科学事務次官=10日拡大衆院内閣委と文部科学委の連合審査会閉会中審査で答弁する前川喜平前文部科学事務次官=2017年7月10日

7月4日(火) 局で定例会議のあと、「週刊現代」のコラム「ジャーナリストの眼」で都知事選挙の結果について書く。今週のネタは今のところ、都議選自民大敗の意味を考えることになるのだろうが、何にフォーカスするのかが皆それぞれバラバラなので、そういう時こそ本当はディスカッションが必要なのだが。自民敗北に対しての視聴者の関心は高い。投票日当夜に組まれた開票特別番組は、NHKやフジ、テレビ東京ともに非常に多くの人にみられた。

 秋葉原の安倍首相演説の会場に居合わせた政治学者・白井聡さんに現場の状況などを電話でうかがった。「安倍辞めろ」をコールしていた人々は、組織的な呼びかけで集まったのではなく、むしろSNSなどを通じて自然発生的に集まってきた人々が多かったとの印象だという。

 午後3時からCSのTBSニュースバード「ニュースの視点」で、今年上半期の映画を振り返る特集を収録する。宮内鎮雄さんという超映画通がお相手なので、こちらは遠慮なく胸を借りられる。宮内さんの上半期ベスト3は、(1)『残像』(2)『アシュラ』(3)『武曲 MUKOKU』、『未来よ こんにちは』。僕は、(1)『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2)『残像』(3)『人生フルーツ』。

 収録の最中に、北朝鮮の国営テレビが「特別重大発表」を行うという情報が入ってきて、CSでも特別対応をとるというので収録時間が短縮されてしまった。それで、途中の予告編などVTR部分はすべてカットされトークだけの収録となる。まいったなあ。その北朝鮮の「特別重大発表」は、我が国はICBMの打ち上げに成功したのだ、という内容だった。満面喜びを表現した北朝鮮の国営テレビのアナウンサーがそのことを告げていた。

 夜、中目黒のロシア料理でM。1992年のモスクワ動乱についての話で盛り上がる。

「秋葉原の変」の映像素材を精査してみた

7月5日(水) 朝、スポーツクラブに行き、がしがし泳ぐ。これがいけなかった。右腕の筋肉に激痛が走った。まいった。

 毎日新聞の「週刊テレビ評」の原稿。秋葉原の首相街頭演説をめぐって。秋葉原演説会場で何が起きていたのか。当日の映像素材を精査してみた。「安倍辞めろ」コールがあまりにも高まってきて慌てた自民党は、自民党青年局という青色の旗をまるで目隠しのようにその「安倍辞めろコール」の大集団の前に立てた。それがかえって火に油を注ぐようになって、「帰れ」コールや「辞めろ」コールを倍加させていった。みると若い人たちが結構多かった。自民党の街宣車の上には7人が立っていた。向かって左から、その選挙区の中村あや候補、少し後方に石原伸晃衆院議員、安倍晋三首相、そのすぐ後方にSP、そして中山恭子参院議員、SPの表情が引きつっていた。特に首相の後方真横のSPは、「辞めろ」コールが延々と続く中で苦虫を潰したような表情だった。それとは対照的に丸川珠代参院議員はスマイルが顔に貼り付いていた。16時57分頃から「帰れ」コールが一段と激しさを増した。そして首相が演説を始めると17時00分50秒頃から「安倍辞めろ」コールがそれに加わってきた。17時02分50秒頃がピークに達していた。すると首相はもはや堪忍袋の緒が切れたように17時03分40秒頃に「こんな人たちに私たちは負けるわけにはいかないんです」と声を張り上げていた。ところがそれが逆に怒りを倍加させたようになって、17時04分36秒頃には「安倍辞めろ」コール一色になった。これで、しばらくの間は首相は街頭演説にはたてなくなったのではないか。これはある意味で歴史的な出来事だ。「秋葉原の変」とでもいうか。そういうことに気づかない記者はもう終わっている。

 

 19時から社内勉強会。と言っても今回は通知がうまくゆかず、参加者2名。チューリップテレビの富山市議会議員政務活動費不正受給の調査報道についてとりあげて、同局の砂沢智史記者に電話で聞いた。チューリップテレビは今年のテレビ報道関係の賞を総なめにした感があるが、砂沢記者はどこまでも謙虚だ。腕が痛くて早めに帰宅。

「公僕」はまだ生き残っている

7月6日(木) 「クレスコ」の原稿。香港返還20年と愛国教育について書く。あした田中角栄氏の元秘書・榎本敏夫氏の告別式があるがカメラを出すべきかどうか。悩んだ末にやめた。神奈川県相模原市の津久井やまゆり園の内部が報道陣に公開されているではないか。何とか現場を見たいと思っていたのだが、叶わなかったか。結局何もかもやはり自分でちゃんとやらなければ、結果はもたらされないのだ。

 夜、こちらの方はちゃんと自分でやったので、約束通り、前川喜平氏へのインタビューが実現した。氏は夜間中学のボランティア教師を終えられてから約束の場所に現れたので、夜遅く午後9時半からになってしまった。10日には国会での参考人招致が控えていて時間がないなかで、よく応じていただいたと思う。感謝。前川氏と会って ・・・続きを読む
(残り:約1345文字/本文:約3395文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の新着記事

もっと見る