メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

不正義を前にして傍観者ではなかったECD

「やらない理由」を探すのではなく、「正義を実現しよう」という機運をよみがえらせた

五野井郁夫 高千穂大学経営学部教授(政治学・国際関係論)

目の前の不正義にどう対応すべきか

多様性を祝うイベント「BLEND is beautifull」出演時のECDさん=2015年11月22日、東京・原宿Galaxy-Gingakei
(写真家島崎ろでぃー撮影)拡大多様性を祝うイベント「BLEND is beautifull」出演時のECDさん=2015年11月22日、東京・原宿Galaxy-Gingakei (写真家島崎ろでぃー撮影)

 不正義を目の当たりにしたときに人がとる態度は様々だ。その際どうすべきかを身をもって教えてくれたのが、ヒップホップミュージシャンのECDだった。そんな彼の背中を思い出しながら東京に雪が降った2月のはじめ、ECDの通夜に参列した。

 1990年代から日本のストリート・ミュージックを牽引(けんいん)してきたECDは、90年代の心象風景をとらえた曲のひとつである『ECDのロンリーガール feat. K–DUB SHINE』(1997年)などで、抑圧されている側が自ら立ち上がることを歌ってきた。

 それから20年後の昨年末にリリースされた加藤ミリヤ『新約ディアロンリーガール feat.ECD』でも、彼は転向することなく人びとに立ちあがれと訴えかけていた。

 そういうメッセージを発信し続けていたECDは反戦運動や反原発運動、反差別運動でもつねに先頭にいた。2001年のアメリカ同時多発テロ後の世界での報復戦争に反対した2003年のイラク反戦デモ、2011年の東日本大震災に伴う福島第一原発事故以後の原発反対デモ、新大久保をはじめとする路上で率先してシットイン、ダイインを実践したのもECDだ。

大きな背中に勇気をもらった人々

 当時まだデモになじみのなかった若者たちやカウンターに参加していた人びとは、彼の大きな背中に幾度となく勇気づけられたのだった。ECDは反差別運動のみならず2015年安保、特定秘密保護法反対抗議、最賃引き上げ運動などの重要な局面でまさに路上の直接民主主義としてのデモを「リ・デザイン」してきたのだった。

 いまでは当たり前となっている「言うこと聞かせる番だ、オレたちが!」「貧しいやつは手上げろ!」といった、運動を象徴するコールをいくつも生み出したのはECDだ。そのなかに「キレイゴトに力を!今こそ!」というコールがあった。

 新自由主義的なガヴァナンスのモードが世界中を席巻していた2000年代までは、「キレイゴト」なんて言っても無駄だという諦めに似た空気感が支配していた。この空気感を吹っ飛ばすこのコールは、人びとの心に響いたのだった。

誤った「現実主義」を吹き飛ばせ

 もちろん、不正義を致し方ないものとして目をつぶる空気感は、いまだに若干の人びとの内心に誤った形での「現実主義」として巣くっている。だが、なぜこれが誤っているかといえば、それは現実主義ではなく、たんなる現状肯定主義に他ならないからである。

 不正義に対して挑むのは正直しんどいし、何よりもいくばくかの勇気がいる。挑みかかる相手が政治・社会構造そのものである場合にはなおさらだ。声を上げただけで嫌がらせを受けることもある。近年の政府による朝日新聞バッシングなどをみて、人びとは身にしみていることだろう。

 だから人びとは平和主義や人権の尊重、差別の全廃を「キレイゴト」として小馬鹿にする冷笑や傍観、「中立性」をにじませた逆張りの態度に、偽りのもっともらしさを提供してくれる「やらない理由」を探すことに躍起になる。

「やらない理由」とジョン・ロールズ

ECDさん=2015年12月拡大ECDさん=2015年12月

 「やらない理由」のひとつを提供し続けてきた正義論のひとつはいうまでもなく政治哲学者ジョン・ロールズのリベラリズムであろう。 ・・・続きを読む
(残り:約1067文字/本文:約2427文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

五野井郁夫

五野井郁夫(ごのい・いくお) 高千穂大学経営学部教授(政治学・国際関係論)

高千穂大学経営学部教授/国際基督教大学社会科学研究所研究員。1979年、東京都生まれ。上智大学法学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程修了(学術博士)。日本学術振興会特別研究員、立教大学法学部助教を経て現職。専門は政治学・国際関係論。おもに民主主義論を研究。著書に『「デモ」とは何か――変貌する直接民主主義』(NHKブックス)、共編著に『リベラル再起動のために』(毎日新聞出版)、共訳書にウィリアム・コノリー『プルーラリズム』(岩波書店)など。

五野井郁夫の新着記事

もっと見る