メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

金正恩の宗教的カリスマ(韓国語版も)

北朝鮮政権を支える宗教的権威は大日本帝国にもあった

徐正敏 明治学院大学教授(宗教史)、キリスト教研究所所長

 *この記事は筆者が日本語と韓国語で執筆しました。韓国語版(한국어판)でもご覧ください。

拡大南北の軍事境界線がある板門店の韓国側施設で、南北首脳で合意した「板門店宣言」に署名する金正恩朝鮮労働党委員長と手伝う妹の金与正氏=2018年4月27日、韓国共同写真記者団撮影

極秘訪中にみる神秘主義

 北朝鮮の金正恩の第1回訪中(2018年3月25日~28日)は、先代金正日のときと同じく、秘密裏に実行された。特別列車が北朝鮮から中国に入ったというニュースに続いて、北京で国賓クラスを迎える厳しい警護がおこなわれているというニュースが流れた。その後、控えめな臆測として、北朝鮮の金正恩ないしは最高レベルの人物が中国を訪問したかもしれないという報道がなされた。

 金正恩が中国を訪問した事実が報道されたのは、彼が北京を去って帰国の途についた後の3月27日になってからである。中国のメディアも北朝鮮のメディアも同時にこれを報じたのだった。

 最高権力者の動静に関するこうした情報開示のあり方は、金正恩にはじまることではない。彼の父である二代目絶対権力者金正日の時代も、金世襲政権の初代金日成主席の時代も、そうであった。

 おおかたの解説は、その理由として、権力の空白を事前にあるいはリアルタイムで知らせることの危険を回避することをあげている。最高権力者が平壌を空けるという事実を秘匿することで安全を確保するという権力の危機管理については、北朝鮮と「血の盟友」関係にある中国も常に了解してきたことである。

 しかしここにもう一つの観点をプラスすることが可能ではないか。それは宗教的な特性を強く持つ絶対権力の「神秘主義」、そのような「カリスマ」の歩みという観点である。

政治的権力と宗教的権威


関連記事

筆者

徐正敏

徐正敏(そ・じょんみん) 明治学院大学教授(宗教史)、キリスト教研究所所長

1956年韓国生まれ。韓国延世大学と大学院で修学。日本同志社大学博士学位取得。韓国延世大学と同大学院教授、同神科大学副学長、明治学院大学招聘教授、同客員教授を経て現職。アジア宗教史、日韓キリスト教史、日韓関係史専門。留学時代を含めて10年以上日本で生活しながら東アジアの宗教、文化、社会、政治、特に日韓関係を研究している。主なる和文著書は、『日韓キリスト教関係史研究』(日本キリスト教団出版局、2009)、『韓国キリスト教史概論』(かんよう出版、2012)、『日韓キリスト教関係史論選』(かんよう出版、2013)、『韓国カトリック史概論』(かんよう出版、2015)、『東アジアの平和と和解』(共著、関西学院大学出版会、2017)など、以外日韓語での著書50巻以上。

徐正敏の新着記事

もっと見る