メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

金日成主義と近代天皇制(韓国語版も)

北朝鮮の宗教的カリスマは「超宗教」の段階に入った。戦前の日本と類似する

徐正敏 明治学院大学教授(宗教史)、キリスト教研究所所長

*この記事は筆者が日本語と韓国語で執筆しました。韓国語版(한국어판)でもご覧ください。

拡大北朝鮮と国境を接する中国側で売られていた金正恩のバッジ(右)。左は故金日成のバッジ

オウム真理教は政治目標を掲げていた

 2018年夏、「オウム真理教」の元教祖をはじめ主要な幹部信者たち、特に「地下鉄サリン事件」(1995年3月20日午前8時頃、オム真理教が東京中心部の地下鉄でサリンを散布して、市民と駅員ら13人が死亡、約6,300人が重軽傷を負った大きな宗教テロ事件)に関与して死刑判決が確定した者に対する刑が執行された。

 これによりこの事件に対する法的処理や政府の行政的課題は終了したかようにみえる。じつに事件から23年もかかってのことである。しかし、犠牲者の遺族や負傷した人々のなかで、精神的なトラウマに悩まされている人々の苦痛はいまなお進行形である。

 「オウム真理教」は近年、名称のみを変更し、いくつかに分派して、一部の継承者によって布教を継続していると伝えられている。すでによく知られている事実であるが、「オウム真理教」が引き起こした衝撃的な一連の社会的事件は、怪しげな宗教集団による政治指向の過程で発生した。彼らは宗教集団として出発したが、やがて無謀にも終末論的革命組織という政治的目標を掲げたのである。

洪秀全の「太平天国」も宗教から始まった

 中国清末期の洪秀全(コウシュウゼン)は、いわゆる「黙示」を受けたとして宗教団体を組織し、「太平天国」運動を展開した。そのモデルはキリスト教の「地上天国説」であったが、それはすぐに過激な政治運動へと移行した。洪秀全を「天王」として擁立し、清の軍隊と衝突したのである。

 一時期は大きな勢力を形成して、南京(彼らは「天京」と呼ぶ)を「太平天国」の都に定め、拠点を拡大した。そして差別撤廃、平等世界の創成を掲げて、多数の民衆、なかんずく女性の支持を受けた。宗教的カリスマと理想的な政治理念の合一は、当時の中国社会に大きな衝撃を与えたところである。

 しかしやがて清政府は戦陣を整えて応戦し、また「太平天国」の内部分裂もあって、凋落をむかえることとなる。洪秀全の死後、彼の後継者たちも逮捕されるか戦死した。1864年、「太平天国」の都南京が陥落して、この運動は終息をむかえる。

歴史上の宗教は政治指向的である


筆者

徐正敏

徐正敏(そ・じょんみん) 明治学院大学教授(宗教史)、キリスト教研究所所長

1956年韓国生まれ。韓国延世大学と大学院で修学。日本同志社大学博士学位取得。韓国延世大学と同大学院教授、同神科大学副学長、明治学院大学招聘教授、同客員教授を経て現職。アジア宗教史、日韓キリスト教史、日韓関係史専門。留学時代を含めて10年以上日本で生活しながら東アジアの宗教、文化、社会、政治、特に日韓関係を研究している。主なる和文著書は、『日韓キリスト教関係史研究』(日本キリスト教団出版局、2009)、『韓国キリスト教史概論』(かんよう出版、2012)、『日韓キリスト教関係史論選』(かんよう出版、2013)、『韓国カトリック史概論』(かんよう出版、2015)、『東アジアの平和と和解』(共著、関西学院大学出版会、2017)など、以外日韓語での著書50巻以上。

徐正敏の新着記事

もっと見る