メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

現地報告、ガザ停戦から1年の惨状

写真・図版:現地報告、ガザ停戦から1年の惨状 再建が遅れているガザ東部シュジャイヤ地区=2015年8月  2014年7~8月、パレスチナ自治区ガザでおこなわれたイスラエル軍とイスラム組織ハマスの戦闘で、2200人以上のパレスチナ人が死亡、住宅1万戸が全壊した。あれから1年、イスラエルによる経済封鎖の影響で建築資材が不足し、テントなどで避難生活を続ける住民は10万人を超える。中東ジャーナリストが現地からその惨状を報告する。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする